俺の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『小説版 機動戦士ガンダムを読みました』 その@

<<   作成日時 : 2008/03/07 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月7日

3月3日に小説版「機動戦士ガンダム」T〜Vの全3巻を買いました。

買うきっかけとなったのは約1週間程前にネットでガンダムの事をあれやこれやと検索してみたら、なにやらTV版と小説版は内容や結末が違っている事を知りました。
そこで「小説版ってどんなんだろう、気になるなぁ、読んでみたいなぁ」と思い、
小説版「機動戦士ガンダム」の全3巻を買いました。

まず、小説版「機動戦士ガンダム」の第一巻を読んでみました。

内容は詳しく述べるとブログの文章がとても長くなるので、ごくごく簡単に述べますと
大体こんな感じです

連邦軍のアムロ軍曹はサイド7でザクUの襲撃をうけたことからガンダムの乗り込みザクUを撃退する、そしてブライト達ペガサスのクルーと共にサイド7を脱出、赤いザクUを駆るシャアの追撃、宇宙基地キャルフォルニアのガルマ・ザビの攻撃をきりぬけ、ルナツーにたどり着く。
 ルナツー到着後、アムロ達は昇進し第十三独立部隊に編成され星1号作戦に参加する。
そしてその作戦の最中、コロニーテキサスゾーンでエルメスのララァ、そしてシャアと相対することになる。


この様に内容はTV版とは大分変更されてますが、その変更は悪い方向にいってないですし、アムロは第一巻を読んだ限りですが、TV版の初期の様な内向的で根暗なところはあまり感じられず、ごく普通の少年という印象がありました。 そしてシャアに関してはTV版とは違い、ジオン軍内では嫌われています。 また他にもハヤトの活躍やテキサスゾーン内でシャア専用ザクがガンダム相手にくりひろげた激闘等新鮮なみどころはたくさんあって読んでて面白かったです。

それにしても小説版を書いたのは富野由悠季さん、TV版「機動戦士ガンダム」の監督さんですが、それにしてもこんな小説も書けるなんて改めてすごい人だと俺は思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『小説版 機動戦士ガンダムを読みました』 その@ 俺の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる