『1/144scale ヴィクトリーガンダムの制作』 その①

3月13日


この記事の写真はクリックすれば実寸の大きさにひきのばせます

画像


先週の日曜日の話になりますが、大阪の日本橋にありますガンプラショップにいった時に
「1/144scale  ヴィクトリーガンダム」(上の写真参照)と「HG 1/144scale  ズゴック」を購入しました。

ズゴックの方は何もてをつけてないのですが、ヴィクトリーガンダムの方はとりあえず素組みが完了しました。

画像

画像


ヴィクトリーガンダムの前後の写真です
さて素組みをしていてふと疑問に思うことがありました。

「1/144scaleの割にはいつものHGの1/144scaleに比べ小さい様に感じる」

そこで、この前制作したHGの1/144scaleザクⅡと一緒に写真をとりました

画像


「本当、小さいなぁ」
ザクⅡと比較して、このヴィクトリーガンダムの小ささにちょっと驚きました。

でも、聞くところによると、ザクⅡは全長約17.5mに対しヴィクトリーガンダムは全長は約15.2mだそうで、そら道理で小さいわけです。

画像

ビームサーベルとビームライフルを装備させた写真です。

画像

ビームライフルとクリアパーツのビームシールドを装備させた写真です。

画像

画像


この「1/144scale ヴィクトリーガンダム」にはディスプレイスタンドと、アクションポーズ用ビームサーベルがついておりまして、この上の2枚の写真の様にジャンプしてビームサーベルを振り上げてビームサーベルを振り下ろすというポーズをとることも可能です。

画像


またこの「1/144scale ヴィクトリーガンダム」は、この上の写真の様に飛行ポーズをとったり、背景としてもディスプレイカードもついてます。
なお、ディスプレイカードは使い様によっては、この記事の一番最初の写真ようなポーズもとることはできます。

あと組み立てた感想を述べますと、「HG 1/144scaleザクⅡ」にくらべると簡単にくみたてられます。
ちなみにこの「1/144scale ヴィクトリーガンダム」は値段は367円でした
組立も簡単だし、ディスプレイスタンドやディスプレイカード及びアクション用のビームサーベルがついてることを考えたらお得な値段かと思います。

次は色塗りかな~








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 宙星

    Vガンダムのプラモのこのシリーズは、僕も昔、買って作った記憶があります。確かゾロアットやコンティオとか・・・。
    これから色が付くのが楽しみです!
    2008年03月13日 13:09
  • ルーキー

    宙星さん
    コメントありがとうございます。
    頑張って色つけます。
    2008年03月13日 23:47

この記事へのトラックバック

プロフィール

名前:
ルーキー
趣味:
読書、ゲーム
ブログ歴:
13年
あいさつ:
ルーキーと申します 自分な好きな漫画、アニメ等に関する記事を、できるかぎり、わかりやすく、あきさせないことに注意しながら作成させていただいています また、自分が描いたイラスト、自分が制作したGifアニメーション、動画等も、ブログに掲載させていただいています よろしくお願いいたします

QRコード