『ルイージに歴史あり』その8

10月27日

第6章『兄マリオとの冷酷な格差』後編

前回の続きです。

兄マリオとの冷酷なる格差 その3


ゲーム史にマリオブラザーズが登場して20数年、
2人で数々の冒険を乗り越えた結果、

画像

(↑神に溺愛されている男とルイージ)


兄マリオは医師やレーサー等、
数多の多種多様の副業(※1)を全て器用に
こなす事ができるという

運命の女神か神に溺愛でもされているのではなかろうかと
思える程の才能を如何なく発揮できた事
に対し、

ルイージも数々の冒険を乗り越えたはずなのに、
現実はどれ程、ルイージに冷酷なのでしょうか。

現実は
ルイージにはこれといった副業をあたえてくれませんでした。

画像


数年にわたる
兄マリオをはじめとするマリオファミリーのひどい扱いや
兄マリオとの理不尽ともいえる格差に

怒り、哀しみ、くやしさ等といった思いを
ルイージは抱いたかもしれません。

そしてその負のエネルギーみたいな思いが
彼の中で渦巻き溜まっていったのかもしれません。

そしてその渦巻き溜まる負の思いが
2007年のあの出来事への引き金に
なったかもしれません。


第7章『兄マリオとの対決』へ続く


(※1)嘘かまことか、Wikipediaによると
マリオの副業には雀士やパティシエ、玩具会社社長もあるそうです。
このことを知った時、
何というか、(不覚にもというべきでしょうか)

マリオの様な能力があればなぁ
と思ってしまいました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック