ガンプラを作って悩むこと

4月6日


最近、ガンプラを作って悩むことがあります。
それは水転写式のデカールシールが、上手くはることができないことです。

具体的にいいますと、
シールの一部しかパーツにはることができない。
パーツにはった後のシールが後日、はがれてしまうこと等です。

この件に関しては、おそらく、なんらかの原因があるのでしょう。

やっぱり、ぬるま湯じゃなく、普通の水で10秒前後に浸してから
パーツにはろうとするのが駄目なのだろうか?

それとも、
俺自身、綿棒でシールを押して気泡を取ったつもりなのですが、
十分に気泡がとれていなかったからなのでしょうか?

ガンプラを、よりカッコよく、メリハリをつける為にも、
デカールシールは必要不可欠だと思いつつも、
どうも、この水転写式のデカールシールをはるのが嫌になる時があります。

バンダイさんも、水転写指揮以外にも、普通にはる形式のデカールシールを
販売してくれないかなと思うときがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック