『ストリートファイターⅡについて』その6

7月15日


(2)ダルシム(Dhalsim)について その2

Wikipediaでは
格闘技ゲームの色物キャラクターの元祖的存在と称されるダルシム、

そんな彼が登場したのは、(ストⅣや「EX」シリーズを除けば)
ストZERO2、ストZERO3、ストⅡシリーズである。

さて、今回の記事では、
そんな彼の〔ストZERO2時代〕、〔ストⅡ・スパストⅡX時代〕について
イラストをまじえながら述べたいと思います。

1.ストZERO2時代

ストリートファイターシリーズの時間軸は
ストⅠ、ストZERO、ストⅡの順番になっている。

その時間軸に沿うと、ダルシムがストリートファイターとして、
ストリートファイターシリーズの歴史の表舞台に初登場するのは、
このストZERO2時代からということになる。

画像

(↑ストZERO2時代のダルシム)

この頃から既にヨーガの腕前は達人級だったのでしょう。
おなじみの関節を外してリーチを伸ばす攻撃や
ヨガファイヤーの様な幻の炎を操る攻撃等、他のストリートファイターとは
一風変わった攻撃を得意としています。

そして他のストリートファイターと一風変わった外見もしているのか。
格闘技ゲームの色物キャラクターの元祖的存在と称されることは
言い得て妙かもしれないダルシム、

だが、その外見やファイトスタイルとは似合わずというべきか、
彼の性格というか心情は特筆に価するものだと思いました。

ストZERO2のラスボスであるベガ戦の際、
ダルシムは『真の強さとは慈愛のある心に宿るもの』みたいなことを
言っていた様に、彼の心情の根本は慈愛の精神だと思う。

そして、
そもそもダルシムがストリートファイターとして活動する動機は、
私利私欲ではない。 
リュウの様に真の格闘家の道を歩む為でもない。

自分の家族、同胞の為、
即ち、自分の身近な親しい人々の為に、
ストリートファイターとして活動するのである(※1)

さらに言えば、人々の為に戦うことを
ダルシムは当然の正義だと酔いしれることはなく、
人々の為とはいえ、力に頼り戦いで人を傷つけることに悩みつつ、
ストリートファイターをしているのである(※2)

決して私欲ではなく、自分の大事な家族や同胞の為に戦う。
だからといって、その戦いに決して陶酔しているわけではない。
戦いで人を傷つけることに思い悩みながら戦う。
(ということは、『対戦相手には悪いことしたな』みたいな思いもあるのかな)

なかなか容易に真似できる心情ではないなと思います。



(※1)例として(自分の記憶が正しければ)
ストZERO2のダルシムのエンディングでは、
病で苦しむ村人の為にストリートファイターとして金を稼ぎ、
薬を買ってもらうために村人達にそのお金を与えていたのでしょう。 
村人達からダルシムのおかげで重病の者も助かるとお礼をいわれている。



(※2)(自分の記憶が正しければ)
ストZERO2のダルシムのエンディングでは、
ダルシムの「自分のやりかた(ファイターとして戦うこと)は
間違っているだろうか」という問いに
ダルシムの妻サリーは
「村のみんなは喜んでくれる、自分は自分の夫を誇りに思う」と
答えている。

この妻の答えがなければ、
果たしてダルシムはストリートファイターとして、
戦い続けることができたのだろうか。




2.〔ストⅡ・スパストⅡX時代〕

時間軸はストZERO時代からストⅡ時代へ
ストⅡ時代のダルシムは、
ストZERO時代よりストリートファイター業が板に付いてきたのか。

画像

(↑ストⅡ時代のダルシム)


(ゲームセンターCXでもネタになっていたと思いますが)
自分がストリートファイトで倒した相手に対し、
『戦士としての誇りがお前にあるのか!!』という様になっていました。

なんだか、このセリフだけを聞くと、
ダルシムは完全に僧侶から1人のストリートファイターへと
転身した様にも思えてきますが、

画像

(↑スパストⅡX時代のダルシム)

(自分の記憶やWikipediaによると)
スパストⅡXのエンディングで非戦闘時にダルシムは川に溺れた人を助ける、
スパストⅡXで対戦相手を倒した際に、
『おまえも戦士なら技より心を鍛えるが良い』といっていた様に、

ストZEROからストⅡ・スパストⅡXへ時間軸が変わっても、
ダルシムの心情の根本は慈愛であり、
ダルシムは自分の力を人々のために使用し、
ストリートファイターとしての自分の戦いに酔いしれてはいないだろうと
思われます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

プロフィール

名前:
ルーキー
趣味:
読書、ゲーム
ブログ歴:
13年
あいさつ:
ルーキーと申します 自分な好きな漫画、アニメ等に関する記事を、できるかぎり、わかりやすく、あきさせないことに注意しながら作成させていただいています また、自分が描いたイラスト、自分が制作したGifアニメーション、動画等も、ブログに掲載させていただいています よろしくお願いいたします

QRコード