『インフレには色々ある』中編 その1

10月21日

約1年前、『インフレには色々ある』という記事を作成しました。
その記事では、(なるべく簡単にいうと)
電化製品は時代が進むにつれ、色々な機能が追加され、
性能が向上している。

要は、家電製品は時代が進むにつれ、
性能のインフレ化が進んでいるという事である。

でも、世の中には他のタイプのインフレがあると思う。

例えば、『強さのインフレ』というものがあります。

『強さのインフレ』、(上手く言えないかもしれないが、なるべく簡単に言うと)
強い敵を倒すと、さらに強い敵が登場、
その強い敵を倒すと、もっと強い敵が登場するという内容のインフレで、

80年代、90年代のジャンプ系の漫画であったタイプのインフレである。

その『強さのインフレ』を表す最も代表的な具体例は、
世界的にも有名な漫画、『ドラゴンボール』だと思う。


画像

(↑サイヤ人 オニオ)

例えば、ピッコロ大魔王(初代ピッコロ)を倒すと、
更なる強さをもったピッコロ(2代目ピッコロ)が登場、
その、ピッコロに勝利すると、

更なる強さをもったサイヤ人ラディッツが登場、
そして、そのラディッツを倒すと、
ラディッツを上回る強さをもったナッパ、
さらに、そのナッパより数倍強いベジータが登場する。

そのベジータを退けると、
そのベジータより強い、ドドリア&ザーボン登場、

そして、そのドドリア&ザーボン以上の強さをもつ
ギニュー特戦隊の3人(リクーム、バータ、ジース)、

さらに、その3人の倍以上の強さをもつギニュー特戦隊長である
ギニュー、

さらに、そんなギニューの数倍は強いと思われる
フリーザの第一形態、
(正に強さのインフレの一気加速というべきか)
さらに強いフリーザの第二形態、
さらに、その第二形態のうえをいく強さをもつフリーザの第三形態、

そして、
それらの形態すら可愛げがあると思えてくるぐらいの
強さを誇るフリーザの最終形態が登場する。

どうにか、フリーザ最終形態を倒すと、
そんなフリーザの十数倍の強さがあると思われる
人造人間17号と人造人間18号、

そして、その2人の人造人間を上回る実力をもつセル(第一形態)

(まだまだ強さのインフレの加速はとまらないというべきか)
そのセル(第一形態)の数倍の強さをもつセル(第二形態)、
そして、そのセル(第二形態)を圧倒的に上回る強さをもつ
セル(完全体)、

そんなセルを倒すと、
そのセル(完全体)の大きく上回る魔人ブウ(善)、

そんな魔人ブウ(善)やゴテンクス、ピッコロ、孫悟飯を吸収し、
魔人ブウ(善)を圧倒的に上回る強さを誇る魔人ブウ(悪)、

ドラゴンボールの世界、
まさに止まることをしらないと言えるほどの、
(軽く十数回以上はあると思われる)
怒涛の『強さのインフレ』が連続発生した世界である。

(働いたことはないけど)
遊びふけることすらなく、

ひたすら強くなりたいという思い、
そして
戦い(格闘)が大好きという精神と大切なものを守りたいという精神で
ストイックに修行を続ける事で

『強さのインフレ』にひるまずに、ふんばった孫悟空、
確かに偉大な戦士だと思います。

ただ、そんな『強さのインフレ』の前に、話が進むにつれ、
活躍の場面がめっきり減り、格闘シーンがまったくなくなっていった
ヤムチャや餃子の事の立場で考えると、
『強さのインフレ』も何かマイナス面があるなと思わないでもないです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック