『SDガンプラの制作について』

11月12日

〔お知らせ〕

2011年6月頃か
『ハイパーキャプテンガンダムの制作』その3で
そろそろ、SDガンプラ主体の制作は卒業して、
HGUCやMG主体のガンプラの制作にきりかえた方がいいかなと述べました。

その事を具体的に述べますと、以下のガンプラの製作、

○SD版 Ex-Sガンダム  ○SD版ガンダムMk-ⅳ

○BB戦士 273 GUNDAM RX-78 NT-1

○BB戦士 282 天翔狩人 摩亜屈(マークツー)

○SD版 フルアーマーガンダム

○SD版 ゲルググ (MS-14B ジョニーライデン ゲルググ)

○ダンボール戦機のクノイチ(厳密に言うとSDガンプラじゃないですが)

これらのSDガンプラの製作を完了することができれば、
HGUCやMG主体のガンプラの製作にきりかわりたいと思いますと述べました。

これらのSDガンプラの制作のうち、
SD版フルアーマーガンダム以外のガンプラの制作は完了しました。

のこりはSD版フルアーマーガンダムだけになるのですが、
実は、情けない話なのですが・・・・

SD版フルアーマーガンダムの
のこりのフルアーマーパーツ(詳細は『SD版フルアーマーガンダム』の制作 その6参照)の
塗装をどの様にすべきか、全く考えがまとまらないです。
しかも、その考えをまとめるには、まだまだ時間がかかりそうです。

そこで、SD版ゲルググの制作を完了しました事ですので、
一旦、SDガンプラの制作写真をブログに掲載する事から、
(といっても、ブログ記事『SD版フルアーマーガンダム』の制作は続けますが)

HGUCやMGのガンプラ主体の制作写真をブログに掲載する事にきりかえようと思います。

尚、SDガンプラの制作自体は終了するということではなく、
(時間があればですが)YouTubeに投稿しようかなと思います。
また、従来通り投稿したSDガンプラに関する動画は
ブログにも掲載させてもらいます。

それにしても、今までブログに掲載してきたSDガンプラを
思い返してみると、

SD版GPシリーズ、SD版Vガンダム、SD版ザクⅢ(ザクⅢ改)、

SD版グフ、SD版B3グフ、SD版ガンダムマックスター、
SD版ギラ・ドーガ(ギラ・ドーガ改)、SD版ナイトガンダム、

SD版ケンプファー、SD版ガンダムEz8、SD版ズゴック、

SD版アッガイ、SD版ゴック、SD版ZZガンダム&メガライダー、

SD版Zプラス、SD版リ・ガズィ、SD版νガンダム、黒龍頑駄無、

白鳳頑駄無、SDガンダム武者丸、孟獲ガンダム、SD版ゾック、

祝融ガンダム、孫尚香ガンダム、真・白銀流星号、SD版ナイトサザビー、

SD版ガンダムF90、SD版バウンド・ドック、ハイパーキャプテンガンダム、

SD版ガンダムMkⅣ、SD版Sガンダム、SD版ガンダムNT-1、

天翔狩人 摩亜屈(マークツー)、SD版ゲルググ、ガンイーグル・・・

我ながら結構な数のSDガンプラを制作してきたと思います。

それはさておき、
次回の記事からは、頑張ってHGUCやMGの製作に挑戦しようかなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック