『MSN-01 キケロガについて』

3月28日

MSN-01 キケロガ
このMSはジオン公国軍のニュータイプ専用試作型MSであり、
肩部の大型メガ粒子砲がおおきな特徴だと思う。

※これらのイラストはクリックをすれば実寸の大きさになります。


画像

〔↑MSN-01 キケロガ(CICEROGA) その1〕

デザインが何となくジオングに似ているので、
想像は容易につくかと思いますが、

キケロガの腕部は、
あのジオングと同じ有線制御式ビーム砲になっています。

まぁ、俺個人の感想を言いますと、
キケロガのデザインは、ジオングに
ザクⅡ、ゲルググ、リック・ドムのデザインを
上手く融合させた様な感じだと思います。

画像

(↑MSN-01 キケロガ リアビュー)

また、デザイン的な面で言えば、
ジオン軍のMSのデザインを融合させただけなく、
きちんとオリジナルの要素を
加味させているかと思われます。


俺が、このキケロガをはじめてみたのは、
確か『SDガンダムGGENERATION ZERO』だったと思います。

(記憶が確かならば)
『SDガンダムGGENERATION ZERO』で、
宇宙用高機動試験型ザクから、サイコミュ試験用ザク、
そしてサイコミュ高機動試験用ザクをACEにして、いよいよジオングを開発できるのかなと
思いきや、キケロガがでてきて、『まだジオングは開発できないのか』という思いつつ、
とにかく(ジージェネZERO内においてまぁまぁ強さを発揮していた思うMS)キケロガを
ACEにすれば、いよいよジオングを開発できるという経緯があったからだろうか。

キケロガに対しては、そのデザインよりも、
『ジオングの一つ前のMS』という印象が強かったです。
それにしても、
宇宙用高機動試験型ザク

サイコミュ試験用ザク

サイコミュ高機動試験用ザク

キケロガ

ジオング

ジージェネZERO時代におけるジオング開発の道のりは、
何とも遠く険しかったなと思います。
(ただ、余計な設計もせずに、とりあえず開発さえすれば、
ジオングにたどりつけるプラス面もなくはないかな)

ちなみに、キケロガの形式番号はMSN-01だが、サイコミュ高機動試験型ザクも
同じ形式番号でもあるが、何故だろうか?
単なる設定間違いだろうか?

画像

[↑MSN-01 キケロガ(CICEROGA) その2〕

ちなみに、キケロガは『機動戦士ガンダム』の初期プロットによると、
シャア・アズナブルがこのMSキケロガに搭乗し、アムロと戦う予定だったらしい。

つまり物語の設定が初期プロットのままだと、
ガンダムの最終決戦の相手がこのキケロガ(※1)
なっていたということであり、
その点を考えると、このキケロガのデザインも感慨深いというか、
少々カッコよく思えなくはないかなと思います。

(※1)現在、キケロガとして知られているデザインは、
『機動戦士ガンダム』の初期プロットにて、
既に決まっていたものではないらしく、
PCのガンダムゲームで、あのデザインで登場、
その後、PSの『SD GUNDAM G GENERATION』シリーズにフル登場する。

ちなみにキケロガはガンプラでは登場していなかったと思うので、
もしキケロガのガンプラを制作しようと思えば、
市販のパーツやプラ板等を使用して一から制作する必要があると思う。

ただ、一から制作するといっても、
多分、全てのパーツを作るのは、
何かと手間がかかりすぎるかと思う。
『GUNDAM WEPONS』をみれば詳細はわかるかと思いますが
多分、デザインから考えて、ジオングだけでなく、
ザクやゲルググ等のパーツを流用するのだろうと思われる。



尚、余談ですが、今回描いたキケロガのイラストを、
シャア専用風に塗装してみたらというコンセプトで、

画像

〔↑MSN-01 キケロガをシャア専用風に塗装したら Part,1〕

『GUNDAM WEAPONS』に掲載されていた
シャア専用ザクとシャア専用リック・ドムを参考に塗装してみました。
何だか、高性能化したシャア専用ザクみたいな感じになったかなと思います。


画像

〔↑MSN-01 キケロガをシャア専用風に塗装したら Part.2〕

ちなみに、
このイラスト(MSN-01 キケロガをシャア専用風に塗装したら Part.2)は、
『GUNDAM WEAPONS』に掲載されていた
シャア専用ゲルググを参考に塗装してみました。

画像

〔↑MSN-01 キケロガをシャア専用風に塗装したら Part.3〕

また、イラスト
「MSN-01 キケロガをシャア専用風に塗装したら Part.3」は、
『GUNDAM WEAPONS』に掲載されていた
シャア専用リック・ドムを参考に塗装してみましたが、
どうも、シャア専用のMSとは似て非なるものみたいな
感じにしなってしまったかなと思います。

やっぱり、キケロガのカラーリング(?)は、
リック・ドムではなく、ザクやゲルググのカラーリング(?)を
ベースにしたほうがいいなと思います。



さて、全く話がかわりますが、
ウェブリブログへの動画掲載については、以前は簡単な操作で
できたのに、(ニコニコ動画はわからないが)最近では、
どうも、YouTubeの動画の共有ボタンを押して、
埋め込みコードからコードをコピーして
ブログにはりつけるという少々手間のかかる操作になってしまったのは、
いささか残念でしたが、YouTubeのヘルプ等によると、
動画のサイズや関連動画を含めるか、プライバシー強化モードは使用できる等、
便利な機能はあるかなと思います。

ただ、このYouTubeのブログへの動画の埋め込み機能は、
掲載したい動画が埋め込み無効だと、
動画が掲載できないのが難点かと思います。

それにしても、このYouTubeというサイトは、
個人だけでなくテレビ局や新聞といったメディア等、
色々な法人も参加していると思う。

これを野球で例えると、どっかの地方の少年野球チーム、高校野球のチーム、
プロ野球チーム、メジャーリーグのチーム等、色々なクラスの野球チームが
何のクラスわけもせずに野球の試合をしている様なものである。

そんな(ルールをそれなりにもうけているとはいえ、)
とても混沌とした球場(動画サイト)で、
ヒットやホームランをうつ(動画の再生回数をかせぐ)のは
とんでもなく至難の業だと思う。

そんな混沌とした動画サイトの事を考えると、
どっかの番組の映像をそのまま掲載する事や、クリック屋みたいなものが
でるのも、無理からぬことだと思えなくはない。

その事を考えると、(人によっては泣き言の様に聞こえるかもしれないが)
動画サイトもジャンル分けだけじゃなくて柔道やボクシングの様に、
階級制みたいなもの(具体的にどうするかは思いつかないが、
例えば法人用動画サイトや個人用動画サイトにわける等)をもうけたほうが
いいのではないかと思えなくない時がたまにある。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック