『偉大な父親の子供達』その16

11月7日

-あとがき(前編)-

ある意味きちんと子供を育て子供の育つ権利を守った孫悟空とその仲間達

地球を守るZ戦士達の中核を担い、地球を守り続けた。
孫悟飯の父親、孫悟空、

息子を自分の代わりに地球を救う程の力を戦士に育て上げた彼は、
偉大な父親といえると思う。

でも、孫悟空は偉大な父親だが、
全てにおいて偉大な父親ではなかったと思う。

彼の妻であり、孫悟飯の母親であるチチが言うところによると、
結婚後、孫悟空は働いていない。

また、天下一武道会でのピッコロと闘いからサイヤ人編までの
5年間、孫悟空(以下悟空)は、孫悟飯(以下悟飯)を
鍛えようとしていたが、チチに『これからは勉強の時代よ』と

結構な剣幕で言われ、悟空は悟飯を鍛える事ができなかったらしい。
(ということは、別にもともと悟空は息子に甘い父親ではないらしい。)


(想像の域をでないが)
サイヤ人編までは、悟空はチチに全く頭が上がらず(※1)
育児や教育には、おおっぴらに口出しができずに、
育児や教育に関しては、チチが専制君主の様に掌握していて、

(その自覚があるのかどうかはわからないが)
何というか、チチは悟飯をめちゃくちゃ可愛くいとしいわが子と思うと同時に、
自分の所有物みたいに扱っている部分もあったのかもしれない。


その結果なのか、サイヤ人編までの悟飯は、
勉強に少々偏りすぎた泣き虫で甘えん坊な少年の感じに
なったのかもしれない。

しかし、
『サイヤ人来襲』『フリーザ軍とのドラゴンボール争奪戦』において、
何やかんやで、

『ドラゴンボールZ3』でブルマに「孫くんより親してんじゃん」と言われるぐらい
(多少無茶が入った)厳しさと優しさの入り混じった指導をする
師匠ピッコロや良き兄貴分であるクリリン等悟空の仲間達の存在が、

悟飯を勉強に少々偏りすぎた泣き虫から、少年ながらZ戦士の一員に
変えたのである。

画像

〔↑孫悟空 (※2)

結果的にいえば、ある意味、悟空だけでなく、悟空の仲間の存在が、
母親チチのちょっぴり独走と暴走のはいった
勉強一直線の子育てに上手くブレーキをかけ、
勉強だけでなく、心身的な強さと正義の心を子供に教えたのである。

つまり、ある意味、結果的にいえば、悟空は仲間達とともに、
父親としての子供を育てる義務を彼らなりに果たしているとも
言えるかもしれないと思われる

その結果かどうかはわからないが、悟空も父親として夫として
息子同様、成長してきたのかもしれない。

事実、人造人間との闘いに備えて、悟飯を鍛えようとすることに、
猛反対していたチチをどうにか、悟空なりに説得していた。

さて、悟飯には子供の頃から学者になるという夢があった。
後に実際に学者になったことを考えると、
その夢に対して彼なりに真摯だったと思われる。

そして、父親の悟空は、決してその夢を馬鹿にはせずに、
『お前は俺より戦士としての素質があるのだから、学者にならんと、
戦士になれよ』などと言わずに、その夢への真摯さを理解していたのだろう。

(単なる状況と偶然の重なり合った結果だけにすぎないかもしれないが)
悟空と(ベジータを除く)その主な仲間達は、
悟飯が学者になるための勉強に邁進して、戦士としての修行を怠っていたことに
別に非難はしていなかった。

結果的にいえば、ある意味、悟空とその仲間達は、
子供の自身で育っていく権利を彼等なりに守った形になったのだと
いえるかもしれない。


(※1)そういえば、ベジータとの闘いで瀕死の重傷を負った悟空に対し
チチは息子のことだけを心配して、全く労いや心配の言葉をかけず、
あまつさえ、悟空のせいで悟飯は闘いに巻き込まれたと悟空を非難していた。

まぁ、ある意味正論かもしれないが、
そんなチチの態度に、クリリンとヤジロベー、
よく似た声の2人(同じ声優さんが演じているので似ているのは当たり前か)は、
『そりゃないだろう』とか『悟空、コイツ殴っていいか』と言っていたが、

悟空当人はどう思っていたのだろうか。

やっぱり、根は真面目で素直な悟空のことである
『妻の言うとおり、まことに面目ないな』と思っていたのかもしれない。
まさか、『オイッ! 俺は確かに働いた事ねぇけど、
こちとら、サイヤ人の侵略の魔の手から地球をまもったんだぞ!!
ちったぁ、労いの言葉の一つぐらいかけやがれ、このバカ嫁!!』とか
思ってはいないだろう。



(※2)上のイラストは孫悟空が原作ではなく、PS2用のゲーム
『ドラゴンボールZスパーキングネオ』のシナリオの一つ、
「運命の兄弟編」でラディッツにいったセリフ。

(なんで、そんなふうに思ったか自分でもよくわかりませんが、)
あの悟空の口からイジメっ子なんて言葉がでてくるとは、
思いもしなかったので、結構印象に残っているセリフです。

それにしても、久しぶりに孫悟空を描いてみたのですが、
やっぱり孫悟空を描くのは結構難しいなと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック