『悪魔将軍について』その5

9月11日


2度にわたる正悪超人戦争の最終戦である
キン肉マン対悪魔将軍、

悪魔将軍の難攻不落の要塞を思わせる強さに、
どうにかくらいつくキン肉マン、
だが、闘いはますますキン肉マンに不利な状況になっていく。

悪魔将軍の策略により、
リングは硬度10のダイヤモンドのリングにかわり、
うかつにダメージをくらえば、自分だけでなく、
リングを支える正義超人達にもダメージがかかる。

そんな状況の中、悪魔将軍は、地獄の九所封じを
キン肉マンにしかける。

かつては、
完璧・壱式(パーフェクト・ファースト)とも呼ばれた超人の技である。
たやすくやぶれるわけもなく

キン肉マンは、
大雪山おとし、スピン・ダブルアームソルトをまともにくらってしまうが、
それでも、正義超人としての根性で悪魔将軍の硬度調節機能を破壊する。

しかし、硬度調節機能を破壊されても、
実体をもたない悪魔将軍は倒れない。

続けて、悪魔将軍は、ダブルニークラッシャー、兜割り、
ストマッククラッシュをキン肉マンにさくれつさせる。

超人の9か所の急所のうち、7か所も封じられては、
さしものキン肉マンも完全にダウンかと思いきや、
キン肉マンは立ち上がってきたのである。

ここまで立ち上がり、くらいつくキン肉マンに、
悪魔超人としての力に悪魔将軍は疑念をいだき、
悪魔将軍の実体をうかびあがらせるが、
地獄の九所封じは、確実にキン肉マンの肉体に
ダメージをあたえていたので、
キン肉マンはその実体に攻撃をできずにいた。

それをみて、その疑念と実体をうちけし、悪魔将軍は
巧みに地獄の九所封じ、パワー吸収(※1)をしかけ、
キン肉マンをダウンさせる。

(※1)地獄の九所封じ、8番目の技、
握手で相手の手のひらの
(確か思考能力をつかさどる急所だったか?)急所を封じる技、
尚、『パワー吸収』というのは、マッスルグランプリ2での技名である


地獄の九所封じ、ラストワンである
地獄の断頭台をしかけるが、
地面に激突する寸前に、キン肉マンは、ロープをつかむことで、
かろうじて、技が完全にきまるのを防いだのである。

そして、地獄の九所封じをまともにくらったはずなのに、
立ち上がってくるキン肉マンに、
さすがの悪魔将軍も動揺する。

さらなる悪魔将軍の攻撃で倒れてしまうも、
キン肉マンは友情パワーと火事場のクソ力で、立ち上がる。

キン肉マンの火事場のクソ力と正義超人の友情パワーに
悪魔超人としての力に強い疑念をいだく悪魔将軍、

その疑念が悪魔将軍のヨロイに亀裂をいれ、
再び、その実体をうかびあがらせようとする。

その悪魔将軍のスキをついて、攻撃をしかけようとするキン肉マン、
だが、その悪魔将軍のヨロイにやどる悪魔六騎士により、
せっかくうかびあがりかけた実体をうちけされてしまう。

せっかくの攻撃のチャンスをうしない、落胆するキン肉マン、
そして、悪魔将軍がそのヨロイを修復しはじめようとした時、
何と、バッファローマンがリング内にはいり、
悪魔将軍の仮面をかぶることで、悪魔将軍の実体になろうとしたのである。

キン肉ドライバーで、止めをさすことをたのむバッファローマン、
だが、いくら悪魔将軍に止めをさせる千載一遇のチャンスとはいえ、
キン肉マンにはできなかった。

キン肉ドライバーで止めをさすということは、
悪魔将軍と同時に
仲間であるバッファローマンにも止めをさすことになるからである。

そんなキン肉マンがためらっているうちに、
悪魔将軍はバッファローマンの肉体を乗っ取り、キン肉マンに
攻撃をしかける。

ためらいと迷いの後、キン肉マンは決意する。

そして、ついに、悪魔将軍にキン肉ドライバーをさくれつさせる。

画像


キン肉ドライバーの破壊力が、悪魔将軍の仮面とヨロイを
完全に粉砕する。


正義超人の友情パワーの力を知ったゴールドマンは改心を果たし
銀のマスクことシルバーマンとの融合により、
永遠の金銀のマスクとなり、悪魔超人界から完全に引退した。

長き死闘の末、
2度にわたる正悪超人戦争は、正義超人軍の勝利で終結したのである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック