『北斗神拳 第64代伝承者 ケンシロウの経歴について』

4月26日

◎ケンシロウの経歴

ケンシロウ、
漫画『北斗の拳』の主人公であり、北斗神拳第64代伝承者である。


いきなり本題にはいりますが、
この記事では、そのケンシロウの経歴について、
述べてみたいと思います。

ケンシロウの生年月日の詳細はよくわからないが、
とりあえず1970年代に生まれたとされている。

免許は、北斗神拳の伝承者なので、
一子相伝の北斗神拳の免許皆伝を持っているが、
バイクの運転もできるので、多分だけど、バイクの免許は持っていると思う。

学歴については、学校に通うシーンがないので、よくわからないが、
北斗神拳第63代伝承者であり、
ケンシロウの養父であるリュウケンの超英才教育をうけているらしいので、
決して浅学非才というわけではないと思う。

尚、リュウケンの超英才教育というのは、詳細はわからない。

しかし、その超英才教育の結果なのだろう
ケンシロウは、5万語を一度読むだけで、記憶、反復できるようになっている。


意外な趣味だというべきなのだろうか、
ケンシロウの趣味は、新奥義の開発である。

北斗神拳伝承者の宿命が、彼にそんな趣味をもたせたかどうかわからないが、
常に進化し続ける拳法である北斗神拳の伝承者には、
ふさわしい趣味だと思える。

原作では、そんなシーンは、全くなかった様な気がするけど、
多分、ケンシロウも時間があるときは、
新奥義開発の為に、色々と頑張っているのだと思われる。

画像

〔↑ケンシロウ(※1)


ケンシロウの好きな食べ物に関しては、
世紀末なので、好き嫌いは言っていられないので
食べ物の好き嫌いはないらしい。



また、ケンシロウの好きな服装は、動きやすく丈夫な革ジャンである。

さすがに、好きな服装だというだけのことがあるとでもいえばいいのか、
ケンシロウが着用する革ジャンも、原作の扉絵等を確認すると、
色々な種類がある。 世紀末の世界で、あれだけの種類の革ジャンを
どの様に、調達しているのだろうか。

ケンシロウの癖は、戦う前に指をならすことであり、
『北斗の拳』が連載されていた当時、
真似した少年達は結構いたのではなかろうか。

尚、ケンシロウの口癖は、
当人があまりに無口の為、誰も知らないらしい。


(※1)今回はじめてケンシロウのイラストを描いてみたのですが、
案の定とでもいうべきなのか、ケンシロウって描くのは、スゲェ難しい。
ケンシロウを描いてみて、はじめてわかった様な気がしますが、
何というか、描くには、すごい集中力と緻密さが必要だと思う。

そういや、『北斗の拳』関連の漫画で、
『北斗の拳 イチゴ味』という漫画があるが、
あの北斗の拳のイラストを、
よくあそこまで真似できるなと思うと、感心する



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック