『マントをつけて走るアニメーション』前編

5月2日

マント、要は外出する時に、普段着の上に着る外套の一種である。

しかし、マントの使用は、外出時に使用するだけでなく、
特別な舞台に立つとき等で、
一種の威厳をしめす場合に使用することもあると思う。

画像

(↑マントをつけて走るアニメーション)


例えば、漫画の話になるけど、
キン肉マンは、ここ一番の闘いに臨む時は、戦士として、
キン肉族の王子としての威厳をしめす為に、キン肉族の戦闘スタイルとマントを身に着ける。

『北斗の拳』のラオウは、
常に、拳王として、世紀末覇者としての威厳をしめす為に、
マントを身に着けていたと思われる。

漫画の話になるけど、
威厳をしめすだけでなく、その強さをより際立たせる効果もあるのかもしれない
マントを身に着けながら闘った場合もあった。

例えば、『聖闘士星矢』の一部の黄金聖闘士は、マントを身に着けたまま闘い、
青銅聖闘士達を圧倒する様子には、
「黄金聖闘士って、めちゃくちゃ強いなぁ」と
多分だけど、アニメ『聖闘士星矢』をみていた当時は、何となく思っていた。

漫画の話になるけど、
マントを一つの武器として使用していた場合もあった。
例えば、ラオウは、南斗水鳥拳のレイとの闘いで、
究極奥義を使用するレイに自分のマントをなげつけることで、
レイの虚をつき、レイに強烈な一撃をくらわせた。

また、『北斗の拳』に登場する修羅の国の修羅の一人、
アルフは、毒を含ませた自分のマントで、ケンシロウの感覚を麻痺させ、
無数の幻像で、ケンシロウを惑わせて攻撃しようとした。

(もっとも、
ケンシロウは、アルフの幻像全てに攻撃を叩き込むという驚異の反撃で
アルフを撃破していたが)

まぁ、とにかく、マントというのは、
使い方と使用する場面によっては、
色々な効果をもたらすものなのかもしれない。

※このGifアニメーションは、機種にもよるが携帯電話のフルブラウザ機能や、
(多分ですが)スマートフォンなら、特に問題なく閲覧できると思いますが、
携帯版のウェブリブログの場合、もしかしたら上手く閲覧できない可能性があります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック