『CAPCOM CLASSICS COLLECTION』について その1

11月22日

最近、PS2ソフト
『CAPCOM CLASSICS COLLECTION』を
購入しました。

このソフト、タイトル通りとでもいうべきか
1984年~1992年に登場した22のカプコンのアーケードゲームが
遊べるという内容です。

正直、このゲームの購入については、躊躇がありました。
22のアーケードゲームの中には、
あの『ファイナルファイト』や『ストリートファイターⅡ』(以下ストⅡ)、
『ストリートファイターⅡダッシュ』(以下ストⅡダッシュ)、
『ストリートファイターⅡダッシュターボ』(以下ストⅡターボ)があります。

なかでも、『ファイナルファイト』とストⅡターボは、
学生時代、満足に遊ぶことができなかった思い出があるので、
PS2であのファイナルファイトが遊べるかと思うと、
これは、購入せねばと思いましたが、

でも、他のアーケードゲームは、とてもクリアーできない可能性は
大きいので、購入をあきらめようかなと思いましたが、
やっぱり、ファイナルファイトを遊びたかったので、
購入することにしました。

購入後、全てのアーケードゲームを遊んだわけではないですが、
『ファイナルファイト』とストⅡターボは遊びました。

『ファイナルファイト』は、遊んでみると、パンチやキックで
敵を次々とブッ倒していく爽快感は、
自分にとって相変わらず色あせてはいないなと思いました。

また、『ファイナルファイト』では、
スーピーディな動きをするコーディをよく使用します。

ハガーに関しては、動きを遅いので、ハガーを使用してクリアーするのは、
無理かなと思いつつ、試しにハガーで挑んでみました。

自分の予想に反して、コーディを使用した場合と同程度のコンテニュー回数で
クリアーできました。 いやはや少々驚きました。

やっぱり、『ファイナルファイト』というのは、
PCエンジンの『クレストオブウルフ』とは、
出来が違うゲームだと、ふと思いました。

それにしても、アーケードゲームの『ファイナルファイト』には、
ストZEROシリーズのロレントがボスとして登場する。
(ファイナルファイトで登場後、ストZEROシリーズに登場すると
いった方が順序としては正しいのだと思うけど)

あの常にスーパーコンボの発動中の様な動きをみたときは、
「勝てるのか これ!?」と思ったけど、
慣れると、何とか対応できました。
(もっとも、コンテニューなしで勝てた試しはなかったですが)

ストⅡターボ、
タイトルにターボなんてついているのは、単なる誇張かなと思いきや、
ゲームのスピードが、タイトル通りのスピードだった。

そのスピードには驚いた。
これ本当にクリアーできるのかと思ったのですが、
とにかく、ケンで挑んでみた。
(ストリートファイターシリーズでよく使用するキャラがケンなので)

ガイルとバルログとベガの強さに途中で嫌になりかけましたが、
何とか二十数回、コンテニューしてクリアーできた。


それにしても、ストⅡターボ、
単にキャラに新技が増えただけでなく、スピードも変更されていた。
ちなみに、全キャラのエンディングをみたわけではないので、
憶測になるけど、エンディングも若干変更されているみたいです。

ストⅡダッシュから、それなりに改良を加えられているのだなと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック