『2016年度 自分のブログアクセスランキング』その1

2月1日

いい加減、
この言葉は、仕事まで最後までやり遂げないで投げ出す等
投げやり、おざなり、無責任といった意味で使われがちだが、
ほどほどの程度で終わってほしいという意味でつかわれることもある。

さて、前置きは、このぐらいにしておいて、
本題にはいろうかと思います。

2011年に自分のブログアクセスランキングということで、
自分のブログの記事のアクセス数の上位1位から15位を
調べてみたことがありました。

あれから、約4年半以上が経った2016年、
自分のブログの記事のアクセス数の上位1位から15位を
調べてみてブログに掲載したいと思いますが、

一つの記事にまとめると、文章がとても長くなるので、
数回の記事にわけて、コメントをつけて述べてみたいと思います。

ちなみに2011年は1位から順に述べていたのですが、
2016年は15位から順に述べたいと思います。

自分のブログアクセスランキング(2016年1月26日調査)

第15位『王位争奪戦-ソルジャーチーム(本物)』後編
記事作成月2012年7月   アクセス数 1315

原作でもアニメでも、ほんのわずかしか登場していない本物のソルジャーチーム
ウールマン、ザ・ゴッドシャーク、ヘビー・メタル、ブルドーザーマン
原作でもアニメでも、ほんのわずかなシーンしか登場していない超人達
でも、この超人達のイラストを描いて、2014年にイラストを修正して
アクセス数が、1000を超えたのは、予想外だったなと思います。

それにしても、本物ソルジャーチーム以外にも、
レオパルドン、オイルマン等、『キン肉マン』には、
ほんのわずかしか登場していないのに、強烈なインパクトをのこしていく
超人達が多いな。

第14位『ロビンマスクとウォーズマン』
記事作成月2008年3月   アクセス数 1344

2008年3月頃に作成した記事であり、
2009年頃は自分のブログの看板記事といえるかもしれない記事であり、
アクセス数は第1位だったのが、約7年を経て14位になった。 
これが、アイドルや芸人だったら、「かつては、売れっ子だったのに、
今では、すっかり勢いがなくなった」などと言われるかもしれないが、
ブログの記事の場合、この記事よりアクセス数が上の記事を
作成することができているということで、
ある意味喜ばしい事なのかもしれない。


画像

〔↑ウォーズマン アニメ版(※1)

(※1)今回のウォーズマンのイラストは『キン肉マン マッスルグランプリ2特盛』のアニメ版ウォーズマンを参考に描きました。

それにしても、
ウォーズマンという超人は、『キン肉マンⅡ世』(第1部)以降、
人気度以外にも、存在感がどんどん大きくなり、
キャラクター的にも、どんどん出世(?)している様な気がする。

その出世(?)ぶりはとどまることを知らないとでもいうのか
現在連載中のシリーズでは、
ネメシスに倒されたロビンマスクに代わり、
正義超人軍のリーダーをつとめている。

ファイティングコンピューターの異名をもつ超人でも、
やっぱり正義超人軍のリーダーの重責は重いのか。
当人は、「オレは、何とかアンタ(ロビンマスク)の代わりを
やっていくさ」と言っているが、

完璧・玖式(パーフェクト・ナインス)
カラスマンと闘うザ・ニンジャを

正・悪連合軍(ドリームリーグ)として闘った仲間として
応援することを提案する。

また、あのアシュラマンですら圧倒した
完璧・陸式(パーフェクト・シックス)の
ジャスティスマンの強さに

キン肉マンとテリーマンは、「悪い夢でもみているのか」と
驚愕し呑まれ
ブロッケンJr.は「一番ふてぶてしく生き残りそうだったおまえが、
このザマじゃ オレたちゃ一体どんな顔をすりゃいいんだよ!」と
悪態をついてはいるが、アシュラマンが倒されたことに、悲しみ
信じられずにいたと思う。

そんな仲間達に、ウォーズマンは
「悪い夢ではなく、これは現実だ 奴等(完璧超人軍)の強さは本物だ
だからこそ、我々は目を見開いて、よく見なければいけない
今回の闘いで悪魔超人達が残してくれたもの 彼等の無残な敗北を
必ず、残った完璧超人勢から確実なる勝利をもぎとる!
今度はオレたち正義超人達がその役目を担う番だ」と
仲間達を激励する。

その激励に、仲間達が、みごとに奮い立つところをみると、
何とかどころか、
正義超人軍のリーダーをロビンマスクに代わって
立派につとめている感じである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック