『レトロゲーム互換機について』

5月19日

最近、ゲームショップ等で、レトロゲーム互換機というものを
よくみかける。

レトロゲーム互換機、その名前の通りといえばいいのか
要は、ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ等、
80年代から90年代前半にかけて、世間を賑わせた
レトロゲームを、対応のゲーム機の代わりに、
あそべるゲーム機のことであるらしい。

(レトロゲーム互換機の種類にもよるが、)
まさに、80年代、90年代のレトロゲームが
好きな人々にとっては、
夢の様なゲーム機なのかもしれない。

それにしても、このレトロゲーム互換機、
ネット等で調べてみると、
思った以上に、色々あるみたいである。

そこで、その色々あるレトロゲーム互換機の中で、
特に気になったのを3種類ほど、
ピックアップして
なるべく簡単に、述べてみたいと思います。


(1)FC COMPACT

「FC COMPACT」とある様に、
ファミコンのソフトが楽しめるゲーム機である。
尚、ゲーム機本体の中には、88タイトルのオリジナルゲームが
内蔵されているらしいとのこと 


(2)サイバーガジェット レトロフリーク

このゲーム機の最大の特徴としては、
まずは、11種類のレトロゲーム機に
対応しているとのことである。

ちなみに、その11種類のゲーム機とは、以下のとおりである。

ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ、PCエンジン
PCエンジンスーパーグラフィックス、
ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス
海外版のメガドライブ(GENESIS)
海外版PCエンジン(Turbo Grafx-16)
海外版スーパーファミコン(SNES)

通常は、付属のカートリッジアダプターに、
レトロフリーク本体をセットして、
対応するゲーム機のソフトを
カートリッジアダプターに差し込んで
ゲームするらしいのですが、

別売のmicroSDカードをレトロフリーク本体に
差し込むことで、そのmicroSDカードに
ゲームインストールすることもできるらしい。
一度、インストールすることができれば、
カートリッジアダプターを使用しなくても、
レトロフリーク本体だけで、そのゲームが遊べるらしい。

また、セーブデータの保存機能のないゲームソフトでも、
クイックセーブ機能により、セーブ・ロードが可能であるらしい。

(3)スーパーFC モバイル

スーパーファミコンのソフトがポータブルで、
どこでも遊べるゲーム機である。
室内だろうが、室外だろうが、
スーパーファミコンを楽しみたい人には、
もってこいのレトロゲーム互換機といえるかもしれない。

先程、述べた様に、
レトロゲーム互換機には、この3種類以外にも、色々とある。
色々とある分、使い勝手が悪い部分もあるらしい。
(ごく普通の意見になるかと思うが、購入の際は、
事前に、そのレトロゲーム互換機の長所と短所などを
色々と調べておいた方がいいと思う。)

まぁ、それはともかく、
ごく当たり前のことになるが、
例え、レトロフリークの様に、microSDカードに、
インストールできたとしても、
やっぱり、レトロゲームのソフトは必要である。

このレトロゲームのソフトは、
多分、ソフトにもよるけど、
入手自体は、さほど困難ではないと思う。

しかし、問題は、ソフトの値段だと思う。

ソフトに付いているプレミアによるものなのか
詳しい理由はわからないけど、
ソフトによっては、レトロゲーム互換機よりも
値段が高い場合がある。

(ごく普通の意見であり、
何を今更といった感じの意見でもあるが)
そのあたりを考えてみると、

レトロゲーム互換機で遊ぶよりも、
バーチャルコンソール等で、
ダウンロードしたほうが、値段も安くてすむ場合も
あるかもしれない(逆の場合もあるけど)ので、

まずは、レトロゲーム互換機を購入する前に、
自分は、どんなレトロゲームのソフトを遊びたいのか
じっくりと考えたほうがいいと思う。



画像


余談になりますが、
いわゆる一種の賑やかしとして、
『アニメ以外でも印象深いガンダム』その②の修正の際に、
掲載したSガンダムのイラストを
Photo Shopで加工したものを
ブログに掲載したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック