『キン肉マンビッグボディチーム』(余談 その3)

7月2日

前回の記事
『キン肉マンビッグボディチーム』(余談 その2)の続きです。

今回の記事では、
キン肉マンビッグボディチームの一人、
ゴーレムマン(原作版カラー)のイラストを
描きましたので、ブログに掲載したいと思います。



画像

〔↑ゴーレムマン(原作版)〕

久しぶりに、ゴーレムマンを描いたので、
このブログをみていらっしゃる方々の中には、
「ゴーレムマン? 誰それ?」と思う方も
いらっしゃると思うので、
ゴーレムマンのプロフィール及び
原作での活躍みたいなものを述べますと

ゴーレムマン、
キン肉マンビッグボディチームの中堅である。

ゴーレムマンの年齢は25歳、
身長は300cmであり、体重は1トンである。

ちなみに、ゴーレムマンの身長はサンシャインと同じである。
また、体重に関しては、ザ・魔雲天、サンシャインと同じであり、
『キン肉マン 特盛』によると、
キング・ザ・100トンを除く、最も体重のある超人は、
ゴーレムマン、ザ・魔雲天、サンシャインの3人となっている。

ゴーレムマンの超人強度は不明だが、
おそらくは、ペンチマンとレオパルドンの超人強度は
上回るかと思われる。

個人の感想になるが、
ゴーレムマンのアニメ版と原作版に関しては、
アニメ版は、みようによっては、
サンシャインと色がかぶっている感じがしなくもないが、
原作版のカラーに関しては、違和感なく、
しっくりときているかなと思われる。

ビックボディチームの中堅として
マンモスマンに闘いをいどむ。

序盤は、
ある意味、マンモスマンが手加減してくれたので、
投げ技やストンピング攻撃で優勢に試合をすすめるが、
結局は、マンモスマンに一蹴されてしまう。


画像



さて、ゴーレムマンといえば、
そのみために違わず、体重400kgのマンモスマンを
投げ飛ばすあたり、パワーを活かした攻撃も、
普通の超人からみれば、すごいのだと思うけど、

マンモスマン戦でみせた
ストピング攻撃も侮れないと思う。

何せ、体重が1トンの超人のストピング攻撃である。
キン肉マンの様に、体重が100kg前後の超人からすれば、
この攻撃だけでも、まともに、くらったら
ひとたまりもないだろうと思う。

それにしても、マンモスマンは、
自分の倍以上の体重の超人のストピング攻撃を
結構くらっていたが、全く平気な感じだった。
正に驚異ともいえるマンモスマンのタフネスだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック