『王位争奪編-キン肉マンビッグボディ』その4(アニメ版)

8月3日

この記事は2009年4月25日に作成しました
『王位争奪編-キン肉マンビッグボディ』その4(詳しくはコチラ)の
キン肉マンビッグボディのイラストを
アニメ『キン肉星王位争奪編』を参考に描きなおしたものです。

記事内容は、2009年4月25日に作成しました
『王位争奪編-キン肉マンビッグボディ』その4と
若干内容が異なっています。

前回の『王位争奪編-キン肉マンビッグボディ』その3の続きです。

原作では何もできず、
あげくの果てには

「オ…オレにもよくわからないんだ
強力の神にそそのかされてムリヤリ
出場させられたんだ。」

王位継承者候補とは思えない発言までしてしまい、
キン肉マンスーパーフェニックスに倒された
キン肉マンビッグボディ


しかし、原作終了後の
約3年半後に放映されたアニメ版では、

その鬱憤と屈辱をはらすかの様に

『俺だってキン肉星の王位継承候補だ!』とでも言わんばかりに

試合開始直後、その巨体を活かしたパワフルなドロップキックで
スーパーフェニックスをよろめかせ、その反対側に
着地するビッグボディ

スーパーフェニックスが振り向き、
体勢を整えおえるまでに、
ビッグボディは強烈な右のフットボールキックを
繰り出す。

画像


ビッグボディのフットボールキックは、
スーパーフェニックスの顔面に
クリーンヒットした。

画像


まだまだ、ビッグボディの猛攻は止まらない。
よろめくスーパーフェニックスの顔面に
ジャンピングニーパッドをきめた後、

画像


空中へと飛び上がり、ラーメンマンの様な
華麗さはないにせよ、パワフル感あふれる
回し蹴りをスーパーフェニックスの顔面に
ヒットさせたのである。

いかにもパワーファイターという感じがする
みかけから想像がつかないぐらい
ビッグボディの蹴り技のラッシュ攻撃をみて、
誰もがビッグボディのワンサイドゲームで
勝負がつくかと思われた。

確かに相手が並の超人なら
このラッシュ攻撃で勝負がついたかもしれない。

しかし、彼の相手は並の超人ではなかった。

キン肉マンビッグボディのラッシュ攻撃をくらい、
ダメージをうけるどころか、

平然と、そして不敵に笑い、
スーパーフェニックスは言った。

『プロレスごっこはここまでだ』と

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック