俺の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ティーパックマンについて』(前編)

<<   作成日時 : 2018/04/14 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月14日

ティーパックマン
第21回超人オリンピックの予選を
勝ち抜いた12人のファイナリストの1人である。

身長170cm、体重78kg

体重では、12人のファイナリストの中では、
最軽量のチエの輪マンの65kgに次ぐ軽量であり、

身長では、12人のファイナリストの中では、
最も低い。

ティーパックマンの超人強度は25万パワー
この超人強度は、12人のファイナリストの中では
一番低いウォッチマンの8万パワーに次ぐ数値である。


ちなみに、『キン肉マン 超人大全』によると、
ティーパックマンの年齢は19歳


初登場時の年齢だと思われるが、
チエの輪マン、キューブマン、ペンタゴン、
ウォッチマンより年上である。

画像

(↑ティーパックマン)

体格と超人強度だけをみれば、
小兵で弱小超人の部類にはいるかもしれない
ティーパックマンだが、

自分の出身国の代表にまでのしあがり、
超人オリンピックの予選を勝ち抜いたのだから、
正義超人軍の中では、実力者の部類には、はいるのだと思う。

ティーパックマン
カレクック同様というべきなのか
名前の通り、頭のティーカップの中には、

ティーバックと

そのティーバックから浸出された紅茶がはいっている。

すなわち、ティーバックの紅茶なのだが、
解説者のタザハマさん(※1)
絶賛する程の美味であるらしい。

(※1)『キン肉マン』にでてくる超人レスリングの解説者の一人
『キン肉マン』の世界では、名解説者なのだろうが、
その行動をみると、迷解説者と呼んだ方がいいのかもしれない。


画像

(↑ティーパックマン アニメ版)

ティーパックマンの必殺技は、ティーバックを振り回して、
対戦相手を攻撃する。

ティーバックを振り回したところで相手に
大したダメージなど与えられないのでは思うかもしれないが、

『キン肉マン 超人大全』によると、
ティーパックマンのティーバックは水分を含むと
鋼鉄の様な強度になる。

鋼鉄の強度をもつティーバックで攻撃されるのだから
並の超人ならひとたまりもないだろう。

第21回超人オリンピックの一回戦
ティーパックマンは、必殺技で
ウォーズマンをコーナーポストにおいつめて
果敢に攻撃するも、

相手は決して並の超人ではなかった。

(うろ覚えなので、間違っている可能性もあるが)
ウォーズマンが、ティーバックをかわしたことで、

勢いのつきすぎたティーバックが、コーナーポストと
ティーパックマンに絡まってしまうことで、

ティーパックマンは、身動きがとれなくなる。

コーナーポストにはりつけになってしまった
ティーパックマンに対して
ウォーズマンは、スクリュードライバーをくりだす。

ウォーズマンのスクリュードライバーを
身動きのとれないティーパックマンが防ぐことができるわけがなく、
ティーパックマンは、胸を刺し貫かれてしまう。

闘いは、ウォーズマンの勝利におわるが、
勝者としてのデモンストレーションなのか

ウォーズマンは、ティーパックマンの頭のティーカップをもぎ取り
ティーカップの中の紅茶を飲んだのである
(ちなみに、うろ覚えになるが、
アニメでは、ティーパックマンの
頭のティーカップをもぎ取らずに、そのまま
ウォーズマンは、紅茶を飲むという展開になっている。)

まさに、ティーパックマンからすれば、
この上ない屈辱に満ちた敗北だったと思われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ティーパックマンについて』(前編) 俺の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる