『のび太戦記 導かれし者達』その1

5月9日

(1)はじめに

『のび太戦記 導かれし者達』とは、ごく簡単に言えば、
のび太を主人公としたフリーゲームの一つである。

今回は、(毎度ながら数回の記事に分けて述べますが)
この『のび太戦記 導かれし者達』のストーリーについて
述べていこうかと思うが、あらかじめ、述べておきたいことがあります。

俺は、このフリーゲームを遊んだことはありません。
これから述べることは、過去に閲覧したYouTubeの動画等を参考に
述べることなので、概要的なものになることはご了承いただきたいと思います。

『のび太戦記 導かれし者達』の
ゲームとしてのスタイルとしては、
あの『イーガ-皇帝の逆襲』と同じ様なタイプの
ほとんどアクションゲームみたいな格闘ゲームです。

また、このゲームには、のび太だけでなく、
ジャイアンやスネ夫等、毎度おなじみの『ドラえもん』のキャラクターが
登場します。

しかし、オフィシャルのゲームではないからなのかどうかは
わからないが、キャラがオフィシャルとは異なります。

その様子に、人にもよると思うが、
「のび太は、こんなキャラじゃないよ」と思う人がいるかもしれません。

しかし、歴史小説の中には、史実を踏まえて書くタイプもあれば、

全くのifの設定、
例えば、ある歴史上の人物が、
その騒乱で倒れることなく、このまま活躍していけば、
こういった人物になるといった
もしもの設定で話を進めていくタイプもあります。

『のび太戦記 導かれし者達』も
後者のタイプの歴史小説を読む感じで
みればいいのではないかと思われます。

ちなみに、今回述べるストーリーは、
ストーリーモードのストーリーになります(※1)

(※1)全ての格闘ゲームに、あてはまるかどうかはわかりませんが、
格闘ゲームの中には、PS1で発売されていた『ジョジョの奇妙な冒険』の様に、
メインのストーリーモード以外に、
そのキャラごとのストーリーをすすめていくものもある。
『のび太戦記 導かれし者達』も、そのタイプにあてはまるらしい。

つまり、今回述べるストーリーは、俗に言う「氷山の一角」である。


全くの余談になりますが、
挿絵的な感じで、『のび太戦記 導かれし者達』のイラストを掲載しますが、
キャラの詳しいデザインが、よくわからない部分が多々あるので、
自分の主観及び想像をいれて描いていることを
ご了承いただきたいと思います。


画像


(2)格闘王決定世界大会 開催!!

時をさかのぼること、2万年前、
世界は邪悪な賢者達によって、崩壊の危機に陥った。

人類は、彼等との闘いに勝利はしたが、
彼等が作りだした魔物や兵器を消滅させることはできず、封印するのが
やっとだった。

時は流れ、世界で最も経済力をもつDカンパニーは古代遺跡を発見する。

その古代遺跡に、先の戦いで、人類が封印した兵器があった。

さて、毎度のことながらジャイアンとスネ夫にいじめられていたのび太
しかし、ドラえもんの助けで、少しずつだが、着実に強くなっていた。

だが、ある日を境に、
のび太は、学校に登校しなくなり、街から姿を消した。

同級生の間では、
修行の旅にでたのだろうと推測する者もいたが、
本当の理由を知る者はいなかった。

さて、古代遺跡の兵器を調査した結果、

その兵器を利用すれば、世界征服も夢ではない

そんな結論に達したDカンパニーは、兵器の復活を試みる。

だが、その復活には、必要不可欠なものがあった。
それは、強き魂をもつ者の肉体だった。

そこで、Dカンパニーは、兵器の復活に必要な
強き魂をもつ者を選び出す為に、格闘王決定世界大会を開催する。

Dカンパニーの意図を知る由もない
名前通り、格闘王を決める大会だと思っているからなのだろう。
世界各地から最強を目指す格闘家が集結した。

そんな格闘家達の中に、のび太の姿があった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック