『キン肉アタルについて』(中編)

7月12日

正義超人として、
友達ごっこになりつつある正義超人軍の

友情に喝をいれるため、

キン肉王家の超人として、
両親と弟へと償いをする為に、

王位争奪戦に参加する決意をした
キン肉アタル(以下アタル)

だが、キン肉王家の超人とはいえ、
家出をしたことで、
自分から王位継承権を放棄したのも
同然の超人であるアタルが、

王位争奪戦に参戦など、
認めてもらえるはずがないだろうから、

王位争奪戦に参戦している運命の王子達の誰かと、
入れ替わってなりすます必要があると考えたのだと思う。

アタルが、その白羽の矢をたてたのが、

ソルジャーマンこと
キン肉マンソルジャー(本物)だった。

アタルからみて、運命の王子などと名乗ってはいるが、
キン肉マンソルジャー(本物)は
運命の王子ではないことは、疑う余地がなかった。

理由は簡単、キン肉マンソルジャー(本物)は、
王位継承を争う資格があるほどの
実力がなかったからである(※1)

(※1)普通、誰かと入れ替わってなりすますのは、
自分と体格が似ている者を
ターゲットにしそうなものなのだが、

アタルは実力がないからと理由で、
キン肉マンソルジャー(本物)と入れ替わることにした。 

後にギヤマスターにニセモノの最弱候補と
揶揄されるビッグボディは、アタルからみて、
王位継承を争う資格がある
実力者であるということなのだと思う。

仮に、
キン肉マンソルジャー(本物)以外の4人の運命の王子が

実力がなかったのならば、
アタルは入れ替わることにするのだろうか

身長だけでも考えると、
マリポーサは185cm、ゼブラは220cm、ビッグボディは245cm、
スーパーフェニックスは190cm、

身長197cmのアタルと僅差とは言いがたい身長差があるのである。

入れ替わることができたとしても、
すぐに偽者とばれてしまうのではないか。

でも、『キン肉マン』の世界には、
オーバーボディという技術がある。

その技術を使えば、僅差とは言いがたい
身長差も問題にはならないのだろうか


王位争奪戦が開戦前、富士山頂で野稽古している
キン肉マンソルジャー(本物)とチームメイト達を
急襲することにしたのである。

尚、急襲といっても、そこは正義超人、
背後から殴るといった様な不意打ちはしなかった

野稽古している
キン肉マンソルジャー(本物)とチームメイト達に、
戦いを挑んだ(※2)

(※2)うろ覚えなので間違っている可能性があるが、
アニメでは、「その特訓の続きは、私が引き受けよう」といった
意味合いのことを言って

キン肉マンソルジャー(本物)とチームメイト達を
煽って、いきなり喧嘩をうる様な形で、戦いを挑んでいる


アタルが思っていた通り、
キン肉マンソルジャー(本物)と
チームメイト達は、実力はなかった。

キン肉マン_76g.jpg
〔↑ナパームストレッチ(※3)

(※3)アタルの必殺技、ナパームストレッチ、
相手を完全にホールドして、上空から高速で落下する。
その際の猛烈な空気抵抗で相手の胸は、
原作ではAの形に、アニメではXの形に傷つく。

尚、描いてから気づいたのだが、ナパームストレッチの
足のホールドの部分が、かなり変になってしまった。
やっぱりナパームストレッチを描くのは、
難しい


アタルのナパームストレッチで、5人とも、あっけなく倒され、

アタルは、キン肉マンソルジャー(本物)から
キン肉マンソルジャーのマスクを奪い取った(※4)

(※4)余談だが、原作では、
倒れたキン肉マンソルジャー(本物)の上体を起こして
マスクを奪い去っているが、アニメでは、

うつぶせに倒れたままのキン肉マンソルジャー(本物)の
マスクを奪い去っている


キン肉マンソルジャー(本物)と
入れ替わることができたアタル

でも、王位争奪戦は団体戦、

しかも、アタルが準決勝で闘うのは、フェニックスチーム、

いかにアタルといえども、チームメイトが必要である。

正義超人軍の友情に喝をいれることも、アタルには重要事項、

その重要事項を成し遂げるには
テリーマンやロビンマスクの様に、
正義超人軍の中で精鋭として完成された

弟であるキン肉マンと友情で結ばれていても、
打倒キン肉マンを考えていない超人ではない

例え、正義超人軍の精鋭として完成されていなくても、
友情だけでなく、打倒キン肉マンを考えているような超人や

超人としての属性が違っていても、好敵手として、
友情に近いものを、もっている様な超人が、ふさわしいと
考えていたのかもしれない

そんな超人達と共に、チームを作り、
友情パワーの真の力を引き出して、

正義超人軍の友情に喝をいれながらも、
フェニックスチームに闘いを挑もうと
考えていたのだと思う。

アタルが、チームメンバーとして、

選び出したのが、ブロッケンJr.
バッファローマン、アシュラマン、ザ・ニンジャの4人だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント