『キン肉マン』夢の超人タッグ編コスチューム-前編

5月8日 前回の『キン肉マン その③』の続きです。

*これらのイラストクリックすれば実寸の大きさになります。

キン肉マンの夢の超人タッグ編でのコスチュームです。

画像


白のパンツ、レスリングシューズとリストバンドの毎度おなじみのいでたちに白のタンクトップを着ている様な感じのレスリングコスチュームです。 おそらくあの毎度おなじみのいでたちをのぞけば一番シンプルなデザインです。
でも、キン肉マンとってこのコスチュームは一番思い入れの深いコスチュームらしく、テリーマンとの最初で最後の対決ではこのコスチュームで闘いました。 
そんなエピソードも考えると、デザインはシンプルだけど何というか重みのあるカッコよさが感じられます。

正に「Simple is best」を具現化した様なデザインのコスチュームといえるかもしれません。


画像


ちなみにアニメ版の夢の超人タッグ編コスチュームの色は赤色のレスリング用のパンツに、
赤のリストバンド、赤のタンクトップです。 

ただ、(おそらく、デザイン的に、一種のメリハリをつける為だと思いますが)
赤のレスリング用のパンツは、通常時とは、若干デザインが異なります。

とにかく、赤色であれ、コスチュームのデザインは損なわれてはないし、
キン肉マンのカッコよさをひきたたせてると思います。

さて、全くの余談になりますが、

画像


これはキン肉マンの地球上での住居になります「キン肉ハウス」です。
見た目ははっきり言って変なデザインで色も変です。 そして家というより小屋に近い感じです。
実際、原作では「故郷の牛小屋よりもひどく粗末な建物」(byテリー・ザ・キッド)とも言われる程です。

しかし、この「キン肉ハウス」には台所もあり、テレビや家具等生活に必要な道具はある様です。
そしてキン肉マンはこの「キン肉ハウス」は住居としてだけでなく練習場としても利用してますし、彼自身約20数年間地球にいた訳ですが、その間は別に引越しもせずにずっとこの「キン肉ハウス」に住んでました。
そう考えると、見た目は変ですがキン肉マンにとってこの「キン肉ハウス」は居心地のいい家になるのだろうと思います。
 さて「キン肉ハウス」は約20数年、キン肉マンことキン肉スグルの地球上での住居兼練習場の役割をし、
その後、約28年間ミートが自分の冷凍睡眠装置の設置場所に利用しました。
そしてキン肉マン2世ことキン肉万太郎が地球に来た後は彼の住居兼練習場になってます。
そう考えるとこの「キン肉ハウス」は変なデザインや色に似合わず、築約50年はある由緒ある家といえるかもしれません。






"『キン肉マン』夢の超人タッグ編コスチューム-前編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント