マンガの世界を一日体験。どこに行きたい?

マンガの世界を一日体験。 どこに行きたいかという事ですが、
う~ん、どの世界かすぐに考え付くのが難しいので、

まず今まで読んだマンガを振り返り、
印象に残ったマンガの世界を3つ、思い浮かべてみます。

思い浮かべた結果、
俺が最も印象に残ったマンガの世界は、以下の3つの世界になります。

(1)『キン肉マン』の世界

(2)『ドラえもん』の世界

(3)『クローズ』の世界

ブログネタ:マンガの世界を一日体験。どこに行きたい?


では、これらの世界について考えてみますと、

(1)『キン肉マン』の世界について


まずは『キン肉マン』の世界、一日体験するなら、
やっぱり正義超人レスラーとなって、

悪行超人達と戦いたいと思うのですが、
(情けない話)相手にもよるかなと思います。

相手がカニベース程度ならよいのですが、相手が、あのフェニックスチームになると、
一日体験なんて生やさしいものではなく、

一歩間違えれば、すぐに命をおとしかねない、
極度の緊張感のある激闘の連続の日になってしまうと思いますので、
やっぱり『キン肉マン』の世界の一日体験はパスしようかなと思います。

(2)『ドラえもん』の世界について

次に『ドラえもん』の世界ですが、一日体験するなら、
やっぱり、のび太となってドラえもんと一緒に生活して
ドラえもんに色んな道具を出してもらって、その色んな道具を使いたいと思うのですが、

のび太の日常を冷静に考えると、
(以前にも述べたと思うのですが)

のび太の日常には
ジャイアンという野球の試合に負けた程度で
バットで約20発、のび太をぶん殴る(※1)

また機嫌が悪い日は、うさ晴らしにのび太を殴ろうとする恐ろしい輩がいます。


さらに、ドラえもんはみかけは可愛く、
秘密道具であれこれ助けてくれるでしょうが、

ドラえもん自身、129.3kgの重量で、129.3馬力をほこり、
ネズミから逃げる速度が時速129.3Kmという
能力を持っている。

(空想科学読本の受け売りになりますが、)
もし、ドラえもんと一緒にいる時に、ネズミに出くわし、
ドラえもんがネズミから逃げる。
その逃げる方向に自分がいると、
129.3kgの物体と時速129.3Kmで、ぶつかることになります。

そのうえ、ドラえもん自身、ネズミに対する恐怖のあまり、
地球はかいばくだんで、地球を破壊しようとした事もあります。


また、ドラえもん取っ組み合いの喧嘩になれば、
129.3kg、129.3馬力の持ち主(750ccバイク 約1.6台分)との
取っ組み合うことになります。

これらの事を考えると、
例え一日体験でも、ドラえもんの世界で生活するのは、
とてもハードなものだと思われるので、
(のび太、よく生活できるなと感心します)

ドラえもんの世界で生活するのは、パスしようかなと思います。


(3)『クローズ』の世界について

『クローズ』の世界を一日体験するなら、
鈴蘭男子高校(以下鈴蘭)の生徒を一日体験してみたいと思います。

鈴蘭には、やっかいそうな奴らがたくさんいると思いますが、
坊屋春道や、花澤三郎ことゼットン等、

単に喧嘩が強いだけじゃない、
何というか、男としての矜持や仲間を思う心、リーダーシップ等、
色々ともっている奴もいる。

もし鈴蘭の生徒になって、彼らを間近にみることができれば、
何かは得ることができるかもしれない。

そういう意味では、
『クローズ』の世界を一日体験するのもいいかもしれません。

(※1)野球で負けた原因が、のび太にあるという事で
バットでジャイアンにぶん殴られた。
のび太は何で自分がこんなめにあうのかという事で
くやし涙を流した。

その事に対し、ドラえもんはのび太に
『それは君が下手くそだから、
殴られないように練習しよう』という意味の事を言って
のび太に野球の練習を促す。

まぁ、確かにドラえもんの言う事には、
一理あります。 

でもなぁ、理由がどうあれ、
ジャイアンが、のび太をバットで殴っている。


せめて、『それは、君が下手くそだから殴られる。
でも、ジャイアンが君をバットで殴ったのは、よくない。

僕が今後、君が野球でミスをしても
ジャイアンが君をバットで殴らない様に
秘密道具で何とかするから、練習しよう』みたいな事を
のび太に言ってあげてもいいのではないかなと思う。

"マンガの世界を一日体験。どこに行きたい?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント