『1/144 ガンダムエックス(旧キット)』の制作 その2

4月5日


前回の記事、
『1/144  ガンダムエックス(旧キット)』の制作 その1の続きです。
今回の記事では、ガンダムエックスのパーツの素組みが完了しましたので、
写真をブログに掲載したいと思います。

画像

(↑1/144  ガンダムエックス)

ガンプラの組立そのものに関して言えば、

画像

(↑1/144  ガンダムエックス プレビュー)

画像

(↑1/144  ガンダムエックス リアビュー)

『FG 1/144 SCALE RX-78-2 ガンダム』よりはパーツが多い分、
若干時間がかかる部分があると思うが、決して難しくはないと思う。
また実際組み立ててみると、デザイン的にはなかなかよい出来だとも思います。

画像

(↑サテライトキャノン)

そして、ガンダムエックスの最大の特徴であるサテライトキャノンも
このガンプラ自体、旧キットの部類にはいるかもしれませんが、
しっかりとその特徴が再現できているかなと思います。

画像

(↑大型ビームサーベル)

また、サテライトキャノンだけではない、
大型ビームサーベルや

画像

(↑シールドバスターライフル その1)

画像

(↑シールドバスターライフル その2)


シールドとビームライフルの機能を兼ね備えた
シールドバスターライフルの特徴、

画像

(↑ホバーリングモード)

そして、背中のリフレクターを開けば、
長距離ジャンプができるホバーリングモードも
旧キットの部類にはいるかもしれませんが
きっちりと再現できているかと思います。

"『1/144 ガンダムエックス(旧キット)』の制作 その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント