『ド根性の超人 ジェロニモについて』

8月29日

正悪超人軍団には、軍団の中核を担い、軍団最強の超人であるキン肉マン、
あるいは正義超人軍団の7人の精鋭、
すなわちウルフマン、ブロッケンJr. ラーメンマン、ウォーズマン、
バッファローマン、ロビンマスク、テリーマン達がいる。

しかし、彼ら以外にも主力級の実力を持つ正義超人達がいる

例えば、キン肉マン以上の必殺技をもつキン肉マンの実兄、
キン肉マンソルジャーことキン肉アタル、

かつては悪魔六騎士だったが、キン肉星王位争奪戦後は、
正義超人に転身したザ・ニンジャ、

華麗な空中技と時空を自在にあやつるという特殊能力をもつペンタゴン、

そして、テクニックやパワーでは、他の精鋭の正義超人達に劣るが、
根性と勇気は他の精鋭の正義超人達以上であると思われる
ジェロニモがいる。

画像

〔↑ジェロニモ(アニメ版)〕

このジェロニモ、元は幼き頃に一人の超人に
助けられて以来、正義超人に憧れるようになった人間の青年である。

初登場の黄金のマスク編ではジェロニモは
いつの間にか入っていた生命維持装置を叩き壊し、
(この時のジェロニモはまだ人間である、エネルギーを吸収されていないので、
別に超人用の生命維持装置からでても、平気である)

スニゲーターとの戦いで勝利するものの、
命を落としたキン肉マンに対し、
思わずうすのろ発言するカナディアンマンを一喝する。

(記憶が確かならば)
精神的にパニックになっているうえに、
無名の若造の超人(※1)に一喝されたことに対し、思わず
逆ギレみたいな形で激昂するカナディアンマン、

そんな激昂にひるむことなく、『うけてたつぞ!』といわんばかりの
強気に出るジェロニモ、

(軍団の中でマイナーの部類に入るとはいえ)正義超人相手にひるまない
ジェロニモの勇敢さに何らかの感銘をうけたのか、
それともこのジェロニモが自分に代わって正義超人軍団の一人として
戦ってくれる予感があったのかもしれない。
己の命を与えることでキン肉マンをよみがえらせたウルフマンは、
後事をジェロニモに託すという意味で

自分の髷(まげ)をジェロニモにわたし、ウルフマンは安心した様に息をひきとる。

この後、キン肉マンはウォーズマンの犠牲により
プラネットマンを撃破する。

そして、闘いの舞台はウォーズマンの体内の5重のリングにうつる。

倒れたウォーズマンをよみがえらせる為、
ロビンマスク、ブロッケンJr. テリーマン、そしてジェロニモの正義超人軍団と
ジャンクマン、ザ・ニンジャ、アシュラマン、サンシャインの悪魔六騎士の
団体戦がはじまる。

正義超人達の命運がかかったとてつもなく重要な試合で、
人間でありながら、悪魔超人界でも、かなりの実力者であるサンシャインと
戦うこととなったジェロニモ、

ただでさえ、
超人と人間では肉体の頑丈さ、備わっているパワー等、
ありとあらゆる面で圧倒的に超人の方が優れた基本性能をもつ。

そのうえ、レスラーとしてのテクニックもサンシャインが数段上であるのか。

持ち前の根性と勇気で懸命にサンシャインに攻撃をしかけるジェロニモだったが、
ついにサンシャインの地獄のピラミッドをくらってしまう。

ついにジェロニモも敗北してしまうのかと思いきや、
彼の根性と勇気は、これで燃え尽きる事はなかった。

サンシャインの地獄の凱旋門や地獄のコマをくらいながらも
ジェロニモは立ち上がり、最後は逆転のアパッチのおたけびで
ついにサンシャインを倒すのであった。

画像

〔↑ジェロニモ(原作版)〕


まさに、超人以上の根性と勇気をもつジェロニモの勝利だった。

しかし、サンシャイン戦で
人間としての限界を超えたダメージに受けている身にも関わらず、
仲間の先輩超人達を救う為、崩壊しそうになった5重のリングを
支えることで、残された力を使いきったのかもしれない。

キン肉マン達とともに、ジェロニモは
運よくウォーズマンの体内から脱出したが、命を落としてしまう。

その後、キン肉マンが悪魔将軍に勝利、
金のマスクと銀のマスクが合体した完璧のマスクの力により、

ジェロニモとウルフマンはよみがえることができたが、
ジェロニモは、サンシャイン戦等でうけたダメージは回復しておらず、
廃人同然の状態であった。


しかし、悪魔六騎士との闘いでみせたジェロニモの勇気と根性を惜しんだ
テリーマンやシャイアン酋長はスーパーマン・ロードにより
一人の超人としてジェロニモを復活させようする。

スーパーマン・ロードの超人の神、
彼こそは、かつて幼い頃のジェロニモを救ったあの超人(※2)だった。
スーパーマン・ロードの超人の神は、
ジェロニモが超人になるに相応しいかどうか試すという意味を込めて、
ジェロニモの魂に3つの関門を用意する。

持ち前の勇気と根性、そして正義の心で3つの関門を突破、
スーパーマン・ロードの超人の神によって、
ジェロニモは一人の正義超人に生まれ変わったのである。

夢の超人タッグ、キン肉星王位争奪戦を、
傷つきながらも根性と勇気で彼なりに戦い抜き、
後に伝説超人(レジェンド)の一人になる
正義超人ジェロニモの誕生の瞬間でもあった。


(※1)黄金のマスク編でキン肉マン達が
ジェロニモが超人ではなく人間だとわかるのは、
後のサンシャインとの戦いなので、生命維持装置からでてきたこともあって、
スニゲーター戦終了直後は、
正義超人軍はジェロニモを超人だと誤って認識していたと思われる。



(※2)『キン肉マン 77の謎』参照
ただ、この超人は幼い頃のジェロニモを助けた時から超人の神だったのか
ジェロニモを救った後に、何らかの出来事などで超人の神になったのか
詳細はわからない。

"『ド根性の超人 ジェロニモについて』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント