『大声で泣く Gifアニメーション』

2月11日

俺は、ライターないので、
正確に、わかりやすく、面白おかしく述べることなど
はっきり言って得意ではない。

これから述べることも、
間違っている可能性も大いにあれば、

人によっては、
「何を今更」といった感じになると思う。

それはさておき、
子供だろうが、大人だろうが
泣く理由があれば泣くと思う。


画像

(↑大声で泣く Gifアニメーション)

上手くいえなくて全く申し訳ないけど

子供の泣き方及び泣く意味は、大人の場合とは、
やっぱり、違うと思う。

例えば、赤ん坊は泣くけど、決して意味なく泣かない。
赤ん坊は、『腹が減った』、『漏らした』等と言葉にできない。
泣くことでそれらの意志を表示するのだと思う。

そんな赤ん坊の泣く行為に対して、
いたずらに苛立ったりしてはいけないのだろう。

赤ん坊が泣けば、それは、なんらかの意思を表示しているのだと
まずは、考えるべきなのだと思う。

ある程度、年を経て、赤ん坊から少年少女になっても、
泣くことなんて、頻繁にあるだろう。

勝手な憶測になると思うけど、
子供の泣き方には、車の変速ギアの様に、段階はないと思う。

このGifアニメーションの様に、
一旦、スイッチがはいれば、ニュートラルを経ずに、一気に
トップギアで泣くのだと思う。

また、Gifアニメーションの様に、
子供が泣く場合は、大人よりも抗議の意思が
強く含まれていると思う。

そのあたりを考えると、子供が泣いていることに対して、
いたずらに、『ギャーギャー泣くな』などと言わない方が
いい場合もあるだろう

つまり、
自分の行動が原因で、子供が泣く場合があれば、
子供の弱さを責めるのではなく、
それは、自分の行動に対する抗議であると
理解することも、時には必要だろうと思う。

"『大声で泣く Gifアニメーション』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント