小説版『機動戦士Zガンダム』を読みました (余談 その8)

4月8日

(8)小説版『起動戦士Zガンダム』の史跡(前編)

史跡、
ひろい意味でいうと、歴史に残る事件と関係のあった場所のことである。

グリプス戦役にて
エゥーゴはティターンズと色々な場所で戦ってきた。

宇宙での戦いの場所は、『SPACE MAP U.C.0087』でもみれば、
ある程度の見当はつくが、宇宙世紀0087年の地球でのマップは
掲載されていないので、何となくしかわからない。

そこで、
グリプス戦役、
地球で戦いのあった場所及び主な登場人物に関わる場所について、
いくつかピックアップして
その場所に関する概要を述べてみたいと思う。

画像


(尚、今回の記事で掲載しているマップは、
『評伝 シャア・アズナブル』に掲載されていた
グリプス戦役におけるジャブロー侵攻後のエゥーゴの降下MS部隊の
移動路のマップを参考に作成しました)



Part.1 ジャブロー

南米アマゾン河流域の地下洞窟に設けられた連邦軍の本部
総司令部だけでなく巨大な軍事基地もある。

その全幅は280㎞である。
(町や都市レベルではなく、
地方レベルに匹敵するのではと思える様な全幅があれば、
TV版の機動戦士ガンダムにあった様に、
移動手段として車などの乗り物は必要不可欠であり、
普通の軍事基地とは比較にならない程の数のMSを配備することや
戦艦の修理も容易だったと思われる)

また、その軍事基地は、
核攻撃にすら耐え得るとさえ言われている。

それは、決して、誇張ではないのだろうと思う。
一年戦争時、ジオン軍は、シャアのおかげで、
その位置や入り口を特定して、北米の拠点である
キャリフォルニア・ベースの戦力の大半を投入して、
ジャブローに侵攻することはできたが、
結局は、ジャブローは陥落させることはできなかった。

尚、アマゾン河の自然が、
天然のカモフラージュとなっているからなのかどうかは
わからないが、

一年戦争にて
シャアが、そのハッチをみつけるまで、ジオン軍は、

ジャブローの位置や規模等、
正確な情報を把握できなかったらしい。


つまり、ジャブローは、
単純に基地の規模が、
並はずれて強大なだけでなく、

秘密性も、並はずれて優れていた基地だと言える。

しかし、ジオン軍のジャブロー侵攻で、位置が特定されてしまった

また、ティターンズが、地球連邦を掌握する為に、
独自の拠点を設けようとしていたからなのかもしれない。

ティターンズと地球連邦軍は、エゥーゴを
おびき寄せて殲滅させる為のトラップとして
ジャブローの地下150mに2基の核爆弾をしかけた。

結局、ティターンズはエゥーゴを殲滅させることはできず、
2基の核爆弾が爆発した。

ジオン公国軍のギレン・ザビ
デラーズ・フリートのエギーユ・デラーズ

この2人をもってしても、
陥落させることができなかった
ジャブローの敢え無い最期だった。

Part.2 シャイアン

北米における連邦軍の地球防空司令基地があるが、
グリプス戦役時は、名前だけの基地であり、

連邦軍は、この基地を実用していなかった。

グリプス戦役において、カラバに参加するまでは、
アムロは、そんなシャイアンの基地に勤務していたが、
それは、連邦軍が、アムロを監視する為に、
アムロに与えた閑職でしかなかった。

『サイドストーリーオブガンダム Z(ゼータ)』では、
シャアが、Z計画(ゼータ・プロジェクト)のことで、

シャイアンにあるアムロの邸宅に訪れた際、

2人で、邸宅の周囲の景色を眺めていた。
邸宅の周囲には、山々と大海原の様な草原しかなかった。

アウトドアライフが好きな人間なら、大喜びするかもしれない景色だが

アムロにとっては、違うらしい。

そんな景色を眺めながら、アムロはシャアに
「この年で、世捨て人の様な生活をしている」ともらしていた

また、そんな景色を眺めながら、シャアはアムロに言った。
「ここら辺は全然変わっていないな」と

小説版『機動戦士Zガンダム』では、
シャイアンの景観や町並み等について
詳細がわからないが、アムロが訪ねに来てくれたフラウ・コバヤシに
「ここでの生活は変わりようがない」と言っていたことから察するに、

小説版『機動戦士Zガンダム』でも、アムロの邸宅の周囲は
山々と大海原の様な草原しかないのかもしれない。

Part.3 ケネディ・スペース・ポート(ケネディ宇宙基地)

宇宙基地の名の通り、
何十機のシャトルの発射台だけでなく、
かつて、地球からコロニーへ移民に使用された発射台もある。

また、宇宙空港もあり、
ハヤト・コバヤシは、そこで、戦争博物館(※1)の館長をしている。

(※1)この戦争博物館は、
昔はスペースシャトルの組み立て場所として利用されていた。
また、この博物館には、戦闘機や戦車だけでなく
ガンキャノンやザク等のMSも並べられている。


ちなみに、ケネディ宇宙基地だけでなくヒッコリーにも、
シャトルの発射台があることを考えると、
宇宙世紀では、北米の各都市で、発射台を利用して、
地球からコロニーへの移民がおこなわていたのだろうか。

"小説版『機動戦士Zガンダム』を読みました (余談 その8)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント