テーマ:ゲーム

『3DCGソフトを使ってみる』その2

8月8日 (2)3DCGソフトでゲームの背景を作ってみよう(中編) MSXのゲーム コナミの『夢大陸アドベンチャー』の 夢大陸のゴールデンアップルが生育されている場所を 3DCGソフト「Shade9」で作成してみましたので、 ブログに掲載したいと思います。 (↑3DCGソフトで作ったゲームの背景 その2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記 導かれし者達』その7

7月19日 (8)正義の救世主 かつて守ることができなかったしずかちゃんの為に、 ドラえもんを倒した。 その本懐を遂げたのび太は、死闘による疲れとダメージが 一気に噴出したのだろう。 崩壊していく最深部の中で、倒れてしまった。 だが、のび太に、恐怖も後悔もなかったのかもしれない ただ、ダメ少年の自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記 導かれし者達』その6

7月9日 (7)鬼神VS.ダメ少年 邪悪な賢者達がのこした生命体兵器を蘇らせて、 世界を我が物とせんとするドラえもん そのドラえもんの野望を阻止せんとするのび太 2人の闘いがはじまった。 かつての野比のび太ではない、 のび太の力に大いに苦戦させられながらもドラえもんは語る あの女を殺すことが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記 導かれし者達』その5

7月2日 (6)邪道な強化 禁断の兵器を復活させる為の生贄として 牢屋に入れられてしまったのび太 だが、そんなのび太を牢屋から、だしてくれる者がいた。 格闘王決定世界大会の決勝戦の相手だった ヴェルナーだった。 いや、ヴェルナーだけではなかった ジャイアン、スネ夫、リズニアも駆け付けてくれたのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記 導かれし者達』その4

6月21日 (5)決勝戦の激闘 雨が絶え間なく降る工場の様な場所で、 4回戦 のび太対リズニアの闘いが、はじまった。 この闘いに勝てば、決勝戦に進出できる。 カインの時と同じように、相手が誰だろうと 躊躇や加減はしない リズニアのネオ・ヒューマンならではの能力に、苦戦をするが、 のび太は勝利したのである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記 導かれし者達』その3

6月11日 (4)漂うきな臭さ 3回戦開始までのインターバル のび太は、リフレッシュも兼ねて、会場をみてまわる。 その途中、理由はわからないが、機嫌の悪い ジャイアンが、弱い者に八つ当たりしていた。 のび太が、それを止める様に言うが、 ジャイアンが、のび太の言うことを すんなりと聞くはずがなく、 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記 導かれし者達』その2

5月28日 (3)のび太の真意 学校から、街から、姿を消したのび太が、姿を表して、 格闘王決定世界大会にエントリーした。 ついでに言えば、ジャイアンとスネ夫も大会にエントリーした。 ジャイアンは、久しぶりに、姿を表したのび太をみて、 おそらくは、大会で優勝する為に修行の旅にでていたのかと思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記 導かれし者達』その1

5月9日 (1)はじめに 『のび太戦記 導かれし者達』とは、ごく簡単に言えば、 のび太を主人公としたフリーゲームの一つである。 今回は、(毎度ながら数回の記事に分けて述べますが) この『のび太戦記 導かれし者達』のストーリーについて 述べていこうかと思うが、あらかじめ、述べておきたいことがあります。 俺は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あのゲームを振り返る』その1

3月12日 ◎はじめに サウンドノベル「街 運命の交差点」 正確な時期は覚えていないが、 このゲームが登場してから20年ぐらい経っている。 しかし、ごくたまにだが、昔を懐かしむかの様に、 このサウンドノベルをあそんでいる。 20年ぐらい経っているが、このゲームの面白さは、 俺には、ほとんど色あせていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSX(パソコン)について』その5

10月21日 (5)あとがき MSXのソフトは、グラフィックやゲームとしてのシステムも、 今のゲームからすれば、全然大したことはないレベルである。 (個人の主観になるが、) また、夢大陸アドベンチャーの様に、アクションゲームだが、 アイテムを購入してパワーアップするあたりに、RPG的な要素が、 組み込まれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSX(パソコン)について』その4

8月26日 (4)パロディウス MSXで登場した「パロディウス」 タイトル通り、グラディウスのパロディー版の シューティングゲーム 後に、FC、アーケード、PS等、様々なゲーム機で登場する パロディウスシリーズの元祖である。 ちなみに、極めて個人的な意見になってしまうが、 俺が、はじめてクリアーしたシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSX(パソコン)について』その3

5月5日 (3)イーガー皇帝の逆襲 「イー・アル・カンフー」  MSXだけでなく、ファミコン、アーケードに登場した コナミの有名な格闘アクションゲームである MSX版とファミコン版は、 ゲーム内容自体に大差はないが、MSX版にはファミコン版にない オリジナル要素がある。 それは、MSX版「イー・アル・カン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSX(パソコン)について』その2

4月30日 (2)夢大陸アドベンチャー MSXのソフトは、色々なメーカーから発売された。 個人的な主観になるが、そのなかでも、 コナミのMSXソフトは、面白さ等で郡をぬいていたと思う。 前回の記事でも述べていた様に、 MSXのソフトは、グラフィックやソフトの容量など、 ファミコンにも、色々と劣っていたと思うが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSX(パソコン)について』その1

4月23日 (1)はじめに 前回、レトロゲーム機のひとつであるPCエンジンについて、 思い出に残っているソフトについて、 このブログで、あれこれと述べました。 それらの記事のアクセス数をみると、思った以上に アクセス数があったので、 ブログの新しい方向性の一つとして、 レトロゲームについて、あれこれ述べてみよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『歩くアニメーション』(余談 その1)

10月28日 「歩くアニメーション」の新たなバージョンとして 『闘いの挽歌』の主人公で、タンクトップ着用で 世紀末の世を闘う男、リュウの歩くGifアニメーションを 作成しましたので、ブログに掲載したいと思います 尚、このアニメーションに関しては、 俺の勝手な想像で作成したものであることを ご了承いただきたいと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『レトロゲーム互換機について』

5月19日 最近、ゲームショップ等で、レトロゲーム互換機というものを よくみかける。 レトロゲーム互換機、その名前の通りといえばいいのか 要は、ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ等、 80年代から90年代前半にかけて、世間を賑わせた レトロゲームを、対応のゲーム機の代わりに、 あそべるゲーム機のことである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『CAPCOM CLASSICS COLLECTION』について その2

12月21日 最近、PS2ソフト 『CAPCOM CLASSICS COLLECTION』を遊んでいます。 ストⅡシリーズとファイナルファイト以外のアーケードゲームは、 到底クリアーはできないかなと思っていたのですが、 最近、『闘いの挽歌』を試しに遊んでみると、 結構な回数のコンテニューをしましたが、どうにかクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『CAPCOM CLASSICS COLLECTION』について その1

11月22日 最近、PS2ソフト 『CAPCOM CLASSICS COLLECTION』を 購入しました。 このソフト、タイトル通りとでもいうべきか 1984年~1992年に登場した22のカプコンのアーケードゲームが 遊べるという内容です。 正直、このゲームの購入については、躊躇がありました。 22のアーケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その16

3月30日 5.あとがき PCエンジンについて、 客観的ではなく、主観的にですが、 PCエンジンの長所というか、すごいと思う点と 自分の思い出に残るPCエンジンのソフトをメインに述べさせていただきました。 思い出に残るPCエンジンのソフトを振り返ってみると、 同じことを繰り返し述べてしまうかもしれませんが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その15

2月21日 4.まとめ PCエンジン、このゲーム機が登場した80年代後半から90年代にかけて、 ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ等、 まるで群雄割拠のごとく色々なゲーム機が登場した。 (勝手な想像になると思いますが) まぁ、その登場したゲーム機の数だけ メーカー達の競争も激しかったと思われる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その14

2月9日 3.思い出にのこるソフト(番外編) ジパング一の伊達男(後編) ジパング一の伊達男ことカブキ団十郎、 『天外魔境Ⅱ』から約1年後の世界が舞台である 『風雲カブキ伝』で主人公として登場する。 まずは、『風雲カブキ伝』について、 そのストーリーを簡単に述べると、 ジパングの女達がさらわれた …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その13

1月18日 3.思い出にのこるソフト(番外編) ジパング一の伊達男(前編) カブキ団十郎、PCエンジンの最高傑作の一つ、 「天外魔境Ⅱ」にて、 根の一族と闘う4人の火の勇者の一人であり、 (多分だけど) 天外魔境シリーズの主要人物の中で、 唯一スピンオフもした火の勇者でもある。 また、(遊んだことはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その12

11月22日 3.思い出にのこるソフト(その8) ◎天外魔境 ZIRIA  天外魔境シリーズ、PCエンジンの看板ソフトであり、 あのファイナルファンタジー、真・女神転生、 ドラクエとも肩を並べることができる RPGであると思う。 〔↑天外魔境 主人公達 (※1) 〕 (※1)左が天外魔境Ⅱの主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その11

10月1日 3.思い出にのこるソフト(その7) ◎真・女神転生 真・女神転生シリーズ、 ストーリー、やりこみ度、BGM等、 総合的にみれば、 ドラクエ、ファイナルファンタジーに比肩できるRPGだと思う。 俺がはじめてあそんだ真・女神転生シリーズが、 PCエンジン版の真・女神転生です。 この真・女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その10

9月18日 3.思い出にのこるソフト(その6) ◎ドラゴンスレイヤー英雄伝説 ドラゴンスレイヤー英雄伝説、 もとは、あのJ.B.ハロルドシリーズ同様、 もとはPCで登場したRPGらしい。 その後、詳しくは知らないが、 PCエンジン、メガドライブ、スーパーファミコンに移植、 さらには、セガサターン、PSにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その9

9月16日 3.思い出にのこるソフト(余談 その3) ◎餓狼伝説スペシャル 餓狼伝説シリーズ、 全シリーズにあてはまるかどうかはわからないが、 そのストーリーみたいなものについて述べると、 初代餓狼伝説のサブタイトル(?)が、 『宿命の闘い』とある様に、 ごく簡単にいえば、 テリー・ボガード(※1)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その8

9月5日 3.思い出にのこるソフト(その5) ◎J.B.ハロルドシリーズ マーダークラブ J.B.ハロルドシリーズ、でているシリーズの本数はともかく、 推理アドベンチャーゲームの雰囲気でいえば、 あの探偵神宮寺三郎シリーズに匹敵するぐらいものがあると思える 推理アドベンチャーゲームであると思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その7

8月24日 3.思い出にのこるソフト(余談 その2) ◎サイバーナイト サイバーナイト、 中世の世界的な雰囲気が圧倒的に多いRPGの中では、 珍しいSFタイプの RPGである。 このゲームは実際遊んだことはなく、 ゲーム雑誌で、ゲーム画面をみただけであるが、 それでも、どういうわけか印象にのこっているゲー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その6

8月21日 3.思い出にのこるソフト(その4) ◎ストリートファイターⅡダッシュ ストリートファイターⅡダッシュ、略してストⅡダッシュ、 俺がはじめて遊んだストリートファイターシリーズの ゲームソフトであり、 はじめて遊んだ格闘ゲームでもある。 今にして思えば、アーケードカードProなしで P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて』その5

7月16日 3.思い出にのこるソフト(その3) ◎ゼロヨンチャンプ(1&2) ゼロヨン、簡単に言えば 約400mの距離(カーブのない直線)を車で走るレースである。 そのゼロヨンを題材にしたゲームがゼロヨンチャンプ(1&2)である。 まずゼロヨンチャンプ2を購入しました このゲームを実際あそぶまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more