テーマ:ゲーム

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その13)

7月20日 ※掲載しているイラストのセリフ等は、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフ等とは 変更している部分があります ご了承ください (16)ノイシュタット武術大会、開幕! HEAVEN OR HELL(その2) 夜が更けているノイシュタットの闘技場、 そんな静まりかえって、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その16)

6月23日 (15)おまけ(その2) ◎PCエンジンの周辺機器(その2) 以前、『PCエンジンについて Vol.2』(その7)で、 PCエンジンのバリエーション機について述べた 今回の記事では、PCエンジンの周辺機器について、 とりわけ印象が残っている機器を述べてみたいと思います。 尚、この記事の、一種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その12)

6月2日 ※掲載しているイラストのセリフ等は、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフ等とは 変更している部分があります。 ご了承ください (14)のび太を超えた寝坊助 熱き眼差しの向こうに(後編) のび太は夢をみていた いや、正確に言えば、過去の記憶を夢の中で、 思い出していたとでも言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その15)

5月17日 (14)思い出のソフト(その7) ※この記事は以前作成した 『PCエンジンについて』その8で述べた 「桃太郎伝説Ⅱ」について述べた内容を、 修正して、新たに作成しなおした記事です ◎桃太郎伝説Ⅱ PCエンジンにも、「桃太郎伝説ターボ」として 移植された和風RPG 「桃太郎伝説」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その14)

5月12日 (13)天外魔境Ⅱの敵役達(後編) 前回の記事 『PCエンジンについて Vol.2』(その13)の続きです。 火の勇者達以上に灰汁の強い キャラもいる根の一族の将軍達、 だが、『天外魔境Ⅱ』には、そんな将軍達よりも、 さらに、灰汁の強い、 いや、もしかしたら、 当時のオーソドックスなRP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その13)

5月3日 (12)天外魔境Ⅱの敵役達(中編) 前回の記事 『PCエンジンについて Vol.2』(その12)の続きです。 (3)右のガーニン シオマネキの様な右手が特徴の根の一族の将軍 (↑右のガーニン) いかにも、ふてぶてしい悪党といった顔つき、 (イラストでは、 ふてぶてしさもなく、悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その12)

4月23日 (11)天外魔境Ⅱの敵役達(前編) ゲームでも、漫画でも、ドラマでも、 ベビーフェイスだけでは成り立たないと思う。 敵役、 俗に言うヒールも、いてこそ成り立つものだと思う。 例え、ベビーフェイスが、いくら、カッコイイ技で、 超がつく様な難敵と呼べる様な敵役を倒しても、 その敵役に、何の背景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その11)

4月18日 ※掲載しているイラストのセリフ等は、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフ等とは 変更している部分があります ご了承ください (12)数の力を凌駕せよ!! 戦士達の集い(後編) 怒涛の如き数のドルアーガの魔物達が出現、 廃墟から、かつての巣窟へと、もどった ドルアーガの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その10)

3月29日 ※掲載しているイラストのセリフ等は、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフ等とは 変更している部分があります。 ご了承ください (11)怒涛の如き数の魔物達!! 戦士達の集い(中編) ドルアーガの塔まで、あと少しだと のび太が言っても、 疲れていたマリオが、 頑として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その11)

3月21日 (10)思い出のソフト(その6) ◎ネクロスの要塞 「ビックリマン」と同じ様に、 おまけの玩具付き お菓子のキャラクターらしいのだが、 「ビックリマン」が「ビックリマンワールド」として、 PCエンジンでゲーム化された様に、 「ネクロスの要塞」もPCエンジンでゲーム化された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その10)

3月9日 (9)ギャルゲー(その2) ドラゴンナイトⅡ PCエンジンのギャルゲー、 ギャルゲーと言っても、タイプは、ひとつだけではない。 「ときめきメモリアル」や「卒業」の様に、 恋愛シュミレーションゲームもあれば、 このドラゴンナイトⅡの様に、 アダルトな雰囲気のギャルゲーもある。 今回は、(個人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その9)

2月29日 (8)思い出のソフト(その5) ザ・キックボクシング タイトルどおり、 キックボクシングを題材にした対戦型格闘ゲーム (まぁ、対戦型といっても、 ストーリーモードの様な 1人用のモードはあった) キックボクシングを題材とした ある意味、硬派で写実的とも言える様な世界観が 特徴なのだからか …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その9)

2月1日 ※掲載しているイラストのセリフ等は、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフ等とは 変更している部分があります ご了承ください (10)スネ吉の余裕 戦士達の集い(前編) 幻想界 ドルアーガの搭の跡地 かつては、ドルアーガが治めていた塔も、 ドルアーガが、滅ぼされてからは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その8)

1月26日 ※掲載しているイラストのセリフ等は、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフ等とは 変更している部分があります ご了承ください (9)戦う理由 ローズタウンの異変 ケロケロ湖の カエル仙人から与えられた情報をもとに、 天空寺院をめざす のび太達は、 マリオが、世話になってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その7)

1月18日 ※掲載しているイラストのセリフ等は、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフ等とは 変更している部分があります ご了承ください 尚、マリオのデザインについては、 キャラクター等を考えてみて、 「マリオ&ルイージRPG」のマリオのデザインを 参考に変更させていただきました。 (8)英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その6)

1月12日 ※掲載しているイラストのセリフ等は、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフ等とは 変更している部分があります ご了承ください (7)ピーチ姫の投降 仙人の導き(前編) 「幻想界には、凶暴なモンスター達が、 あちこちに棲んでいる しかも、無差別に襲ってくる」 ワルキューレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その5)

1月5日 ※掲載しているイラストのセリフは、 イラストを描く都合上、実際のゲームのセリフと 変更しているセリフです ご了承ください (6)若き次期当主の矜持!? 過去と未来の出会い(後編) 「ヘリオス」により、 街で一番の豪邸であるスネ夫の家が燃えていた。 「ええ格好しい」のスネ夫にとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その4)

12月28日 (5)復活! ジャイアンとスネ夫 過去と未来の出会い(前編) 「物質界」  東京都練馬区月見台すすきヶ原の「空き地」 ジャイアンとスネ夫をはじめとする少年達に、 よく利用される「空き地」で、 スネ夫が、安雄(※1)を含めた数人の少年少女達を 「皆の衆」呼ばわりして、いつもの調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その3)

12月19日 (4)ドラコルルの襲撃 並走せし歯車 巡洋艦ヴォーグリンデ 艦長に対する愚痴を後輩のアレンにこぼして、 アンドロイドのKOS‐MOSの充電と レアリエンのM.O.M.Oの休息を行った後、 一息ついたシオン・ウヅキ だが、巡洋艦ヴォーグリンデに非常警報が鳴り響いた グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その2)

12月14日 (3)立ちはだかる人型兵器 運命の胎動(後編) ワルキューレと共に、 「ヘリオス」の兵士達を次々と倒していく のび太 だが、敵は異界の壁を越える様な連中であり、 時間の壁も越えることも造作もない連中だった。 同じ「物質界」で、のび太の時代より、 はるか未来の時代から、 対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『のび太戦記ACE Episode1 力への執着』(その1)

12月7日 (1)はじめに 「のび太戦記ACE」シリーズ、 のび太を主人公としたフリーゲーム 「のび太戦記 導かれし者達」の続編である。 尚、「のび太戦記 導かれし者達」が、 ほとんどアクションゲームに近い 格闘ゲームであることに対して、 (実際に遊んだことはないけど) 「のび太戦記ACE」シリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その8)

10月19日 (8)思い出のソフト(その5) ◎ドラえもん 迷宮大作戦 PCエンジン初の「ドラえもん」を題材としたアクションゲーム 発売したメーカーは、エポック社かなと思いきや、 ハドソンである。 ゲームのストーリーとしてはギガゾンビの手下である ツチダマにさらわれた のび太、しずかちゃん、ジャイアン、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その7)

9月29日 (7)おまけ(その1) ◎『バスティールのMCのイラストを描いてみました』 以前、 『PCエンジンについて』その4(詳しくはコチラ)で、 『バスティール』に登場する主人公の1人である皇帝と 2体の帝国軍(だったかな?)の MC(ムーブクラッシャー)の イラストを描いた その以前描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その6)

9月22日 (6)ギャルゲー(その1) PCエンジンといえば、 数多くの「ギャルゲー」が登場したと思う。 その代表格といえば、 「ときめきメモリアル」だと思うが、 それ以外にも、印象に残る「ギャルゲー」が、多く登場した そんな印象に残る「ギャルゲー」の一つ、 『卒業 ~Graduation~』について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『PCエンジンについて Vol.2』(その5)

9月16日 (5)思い出のソフト(その4) 桃太郎伝説ターボ ハドソンの有名RPGシリーズの一つであると思う。 主人公は、ゲームのタイトル通り、 桃太郎である。 ゲームのストーリーの ごく簡単な概要を述べると、 おとぎ話の「桃太郎」同様、 桃太郎が、 お供のサル、イヌ、キジを引き連れて、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ルイージに歴史あり 外伝』その18

8月24日 第3章 〔スーパーマリオランド編〕 (13)サラサ・ランドに降り立つ救世主 戦局は、俺達の勝利で終結した。 サラサ・ランド軍の指揮官ともいうべき、 ドラゴンザマスは倒して、デイジー姫は捕らた。 残るは、サラサ・ランドの軍勢のみだったが、 奴らは、疲弊しているうえに、指揮官がいなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バイオハザード』と『のびハザ』を思い出す おまけ

7月29日 ◎あとがき (1)「のび太のバイオハザード」を描く際のネック 「のびハザ」のイラストを描こうと思った際、「のびハザ」は、 「のび太戦記 導かれし者達」と違い、サバイバルホラーで、 銃が登場する。 それらのことが、自分にとって、 「のびハザ」のイラストを描く際のネックになるかなと 思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バイオハザード』と『のびハザ』を思い出す その12

7月22日 (12)『バイオハザード アウトブレイク』の特殊エンディング 『バイオハザード アウトブレイク File2』で マーク・ウィルキンスは、 人間の所作は、どんな場所も地獄に変える場合があるといった 意味合いのことを言った。 だが、そんな所作に、どうにかして、 どんな形でもいいから抗うのも、 人間の所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バイオハザード』と『のびハザ』を思い出す その11

7月14日 (11)『バイオハザード』のクリア後の特典 PS1の『バイオハザード』シリーズ及び 『バイオハザード アウトブレイク』シリーズの クリア後の特典とでもいえる主人公のコスチュームチェンジ、 全ての『バイオハザード』シリーズを プレイしたわけではないが、 『バイオハザード』シリーズは、 高いランク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バイオハザード』と『のびハザ』を思い出す その10

7月3日 (10)『BIOHZARD』の舞台 ラクーンシティ PS1の『BIOHZARD』シリーズ及び 『BIOHZARD OUTBREAK』シリーズの主な舞台である ラクーンシティ ある意味、ゲームの難易度のせいで、どんな街なのかは、 あれこれ考えることなんて、できにくいと思うが、 『BIOHZARD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more